ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

ヘルスケア

夏風邪と熱中症の違いとは?特徴的な症状とその見分け方について

投稿日:2017年5月30日 更新日:

 だるい、暑い。。。

 夏の暑い時期には、体調不良になることも珍しくありません。
 ただ、身体がだるく、熱が出たりすると、夏風邪なの?熱中症なの?とわからなくなってしまうかもしれません。

 夏風邪と熱中症は、同じような症状を現すこともあって、一瞬、悩んでしまいますよね。

 今回は、夏風邪と熱中症の違いやその症状、見分け方などについて紹介していきます。

スポンサーリンク
  

夏風邪と熱中症の違いは?

 夏風邪と熱中症では、その症状が比較的似ているため分からない場合も少なくありません。

 ただ、夏風邪と熱中症は、その原因に明らかな違いがあるのです。
 その原因を知っておくだけでも、なった場合の対処に参考になってきます。

 夏風邪の原因は、ウイルスの感染によるものです。
 これは、冬場にかかる一般的な風邪の場合でも同じです。

 代表的なウイルスには、アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどがあります。
 いずれも夏場の高温で高湿な環境を好むウイルスです。
 この点については、冬場のウイルスとは大きな違いがあります。

 これらのウイルスが喉や鼻などから侵入して感染し、胃腸にまで増殖するようになります。

 一方、熱中症は、身体の水分が失われてその機能が損なわれることによって発症するものです。

 熱中症になりやすい環境には、次のようなことが挙げられます。
 ・気温が高い
 ・湿度が高い
 ・水分補給が充分できない
 
 

夏風邪と熱中症の特徴的な症状とは?

 このように夏風邪と熱中症には、その原因に大きな違いがあります。
 従って、その症状にも実は大きな違いが出てくるのです。

 ただ、初期の段階では似たような症状もあるため、わかりにくいかもしれませんね。

 それぞれについて、特徴的な症状を紹介していきます。

スポンサーリンク

夏風邪

 原因となるウイルスによってその症状に違いがあるものの、代表的な症状は次の通りです。

発熱

 38℃以上の高熱を発することも珍しくありません。
 高熱は、数日~1週間程度続くようになることが多いです。

喉の痛みや咳

 ウイルスの感染によって、喉に炎症が起き、激しい喉の痛みが現れることがあります。

下痢や腹痛

 夏風邪のウイルスは腸内で増殖しやすいため、下痢や腹痛を引き起こすことも多くなります。

目の充血

 プール熱と呼ばれる症状では、結膜炎を引き起こすようになります。
 正式には、「咽頭結膜熱」と呼ばれ、喉の痛みや高熱も伴うようになります。  

熱中症

 熱中症は、その症状の程度の進行によってⅠ度(軽症)、Ⅱ度(中等症)、Ⅲ度(重症)に分けられます。

Ⅰ度(軽症)

 めまいや立ち眩み、生あくび、多量の発汗などが見られます。
 従来の「熱痙攣」、「熱失神」と呼ばれていたものに相当します。

Ⅱ度(中等症)

 頭痛や吐き気、嘔吐、だるさなどが見られます。
 従来の「熱疲労」と呼ばれていたものに相当します。

Ⅲ度(重症)

 意識障害や痙攣などが見られ、普通に立つこともできなくなります。
 従来の「熱射病」と呼ばれていたものに相当します。
 
 
 夏風邪と熱中症には、このような違いがあるのですが、進行すると熱中症の方が急激に症状が悪化していきます。
 特に、意識が薄れるような状態になると命の危険の恐れもあるので注意が必要です。
 おかしいと思ったら、救急車を呼ぶなどして直ぐに病院にへ行きましょう。
 
 

夏風邪と熱中症の見分け方とは?

 夏風邪と熱中症は、その原因が違うため、症状においても違いが出てくるものです。

 ただ、初期の段階では、頭痛や吐き気、倦怠感など似たような症状を現すことも珍しくありません。

 熱中症では暑い環境下での水分不足が大きな原因になり、その症状も比較的短時間で発症するようになります。

 そのため、そのような環境にいたのかどうかということが見分けるためのヒントになります。
 ただ、暑い夏では、常にそのような環境になりやすいものですが。。。

 夏風邪では喉の痛みや咳、下痢などが出ることが多くなります。
 熱中症では、このような症状はまず現れませんので、大きなヒントになってきます。

 暑い夏では、身体に疲れが溜まりやすくなるため、ちょっとした環境の変化でも夏風邪をひいたり、熱中症になったりしてしまいます。

 日頃から、充分な睡眠と栄養バランスのよい食事、適度な水分補給をすることで体調管理を心がけたいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

 夏の暑い時期になりやすものに夏風邪と熱中症があります。
 初期の症状では似たようなものもあり、その違いがわからないこともあるものです。

 ただ、原因が全く違うものなので、しっかりと把握しておきましょう。
 夏風邪はウイルスの感染によるものです。
 熱中症は、水分不足によって脱水状態になったものです。

 このため、その症状も大きく変わってきます。
 夏風邪では、高熱や喉の痛み、下痢、腹痛などが特徴的な症状です。

 熱中症では、めまいや立ち眩みなどから始まり、悪化すると痙攣や意識障害なども起き、場合によっては命の危険もありえます。
 そのため、異変を感じたら早めの対処が必要になってきます。

-ヘルスケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏バテ対策には本当に食事が大事なのか?

スポンサーリンク  暑さが続くと、身体がだれてしまい、いわゆる「夏バテ」になってしまうことも珍しくありません。  身体を動かすのも億劫で、何もする気にならない、なんてこともあるでしょう。  「あ~、だ …

玄米のワックスって何なの?

最近では、健康にいいからと玄米食にする人が増えてきていますね。 とはいえ、 「食感が悪くてイマイチだな」 「水に長時間浸さないといけないのが面倒なんだよね」 と思っている人も多いです。 さらに、よくよ …

もしかして熱中症?その症状をチェックしてみましょう!重症度ってどんなの?

スポンサーリンク    暑い季節には、いくつか気をつけないといけないことがあります。  食べるものに関しては、食中毒に気をつけなければいけません。  暑さで食品が傷みやすいので充分に注意するようにしま …

日焼けのかゆみで我慢できない時の対処は?薬は効くの?日焼け止めでかゆみが出るの?

スポンサーリンク  こんにちは、遼です。  これからの天気のいい季節には、屋外で遊んだりスポーツしたりすることが多くなってきます。  でも、日差しの強くなる時には、日焼けに注意しないといけないですよね …

熱中症対策の飲み物には水がいい?飴が効果的って本当なの?

 5月にもなると気候も良くて、行楽や屋外での行事、スポーツなどが盛んになってきますね。  それまではちょっと寒くて外出したり身体を動かすのさえ、億劫だった人も外へ出る機会が増えてくるものです。  でも …