ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

パタヤの遊び方! パタヤビーチ、ジョムティエンビーチ、ラン島

投稿日:2017年8月31日 更新日:

どうも、タローです。

パタヤでは、昼に遊ぶには暑くて大変です。
特に、ソンクラーン(水掛け祭り)の行われる4月前後はメチャクチャ暑いです。

このため、大抵のリピーター旅行者は夜の行動をメインにしているはずです。(笑)

とは言え、ホテルで1日中寝ているというもの退屈なものです。
今回は、パタヤの昼の遊び方、特に海についてお話ししましょう。

スポンサーリンク
  

パタヤの遊び方! =パタヤビーチ、ジョムティエンビーチ、ラン島=

パタヤビーチ

 パタヤビーチというくらいなので、ビーチで遊ぼうと思う人がいるかもしれません。
 しかしながら、はっきり言ってパタヤビーチは汚いです。

 その昔は、綺麗だったようですが、生活排水等の影響で汚くなってきています。
 このため、海で泳ぐという感じではなく、ただビーチベットに横になって寛ぐということが多くなります。

 ビール片手に本を読んだりするのがいいでしょう。
 エビの蒸したのなどを買って食べるのも乙なものです。
 食べ物などの売り子が次々にやって来るので、欲しいものだけを適度に選びましょう。
 パラソル付のビーチベットは30B程度で利用できます。

 バナナボートやパラセーリング等のマリンスポーツで楽しんでもいいですね。
 ただ、シュノーケリングには不向きです。

 ソイ1~ソイ13辺りのホテルに宿泊すれば、歩いて行けるので楽です。

[パタヤビーチの風景]

ジョムティエンビーチ

 パタヤビーチより、若干綺麗な感じで広く続いているのが、ジョンテインビーチです。
 パタヤの南側にあり、週末ともなるとタイ人の観光客も多く訪れて賑わっています。
 こちらの方が、海に入って遊んでいる人が多いです。

 ジョムティエンビーチへ行くには、一般的にはソンテウを利用します。
 セカンドロードとサウスロードの交差点のすぐ南側がジョムティエンビーチ行きのソンテウ乗り場になります。
 満席になるまで乗客を待っていますので、すぐわかります。
 料金は10Bです。
 
 ビーチロードから乗ったソンテウがそのままジョムティエンビーチまで行くことがありますが、極めて少ないです。
 ビーチロードから乗って、ソンテウ乗り場のある交差点を左折か直進する場合には乗り換えましょう。
 右折した場合には、そのまま乗っていれば大丈夫です。

[ジョムティエンビーチ行きのソンテウ乗り場]

[ジョムティエンビーチの風景]

スポンサーリンク

[ジョムティエンビーチの場所]
 
 ジョムティエンビーチでもパタヤビーチと同様な遊び方ができます。
 このビーチではウインドサーフィンの国際大会が開かれることもあり、現地の人がやっている姿をよく見かけます。
 入り口付近では、レンタルもあるので試してもいいかもしれません。
 
 食べ物などの物売りだけでなく、マーッサージ等の勧誘もよくやってきます。
 時には、しつこいくらいに声をかけられますが、適度に相手をしましょう。
 必要ない時には、「マイ・アオ(要らない)」と言って断るといいですね。
 
 パタヤビーチもそうですが、ジョムティエンビーチにはトイレやシャワーはありません。
 このため、有料の施設を借りることになります。
 たいていは、トイレ10B、シャワー20B程度です。
 勿論、ペーパーなどもなく決して綺麗ではありません。

 尚、レストラン等を利用すれば、トイレは無料で使えます。
 2~3回程同じレストランで食事をすると店のスタッフとも顔馴染みになり、食事をしなくても顔パスでOKになったりします。
 そんな時には、お礼の意味も込めて20B程度のチップをあげると喜びます。

 帰りには、ビーチ前を流しているソンテウを拾えば、パタヤ中心部まで乗り換え無しで行けます。
 ただ、セントラルロードより北側へ行く場合には、料金が20Bになります。

ラン島

 パタヤビーチやジョムティエンビーチは泳ぐにはいささか抵抗のある人もいることでしょう。
 もっと、綺麗なビーチとなると、ラン島(コー・ラン)があります。
 パタヤの西方向にある島です。

 このラン島に行くには、船しかありません。
 なので、ちょっと行ってくると言っても、最低でも丸1日かかってしまいます。

 ラン島への船は、ウォーキングストリートの先にあるバリハイ埠頭から出ています。

 日帰りでは、朝10時頃に出発して、夕方4時~5時頃に戻って来るのがちょうどいいでしょう。
 ホテルもあるので、ゆっくり宿泊するのもいいかもしれません。
 ただ、夜はほとんど何もすることがないでしょうね。(笑)
 
 ラン島の船着場経由でビーチに行く方法と直接ビーチに行く方法があります。

ナー・バーン船着場への船のスケジュール

 ラン島の船着場「ナー・バーン」へは、片道30Bで行くことができます。
 所要時間は、約40分です。
 ビーチへはここからソンテウかモトバイクで行く必要があります。

 ・パタヤ → ナー・バーン
  7:00、10:00、12:00、14:00、15:30、17:00、18:30

 ・ナー・バーン → パタヤ
  6:30、7:30、9:30、12:00、14:00、15:30、16:00、17:00、18:00

 ラン島にはいくつかのビーチがありますが、ター・ウエーン・ビーチとサマエ・ビーチが比較的大きなところです。

 ター・ウエーン・ビーチとサマエ・ビーチへは、直接行く船があり、往復で150Bとなります。
 所要時間は、約50分です。
 ソンテウ等での移動を考えると、こちらの方が楽ですね。

ター・ウエーン・ビーチへの船のスケジュール

 ・パタヤ → ター・ウエーン・ビーチ
  8:00、9:00、11:00、13:00
  
 ・ター・ウエーン・ビーチ → パタヤ
  13:00、14:00、15:00、16:00、17:00

サマエ・ビーチへの船のスケジュール

 ・パタヤ → サマエ・ビーチ
  9:30、10:30、11:30、12:30、13:30

 ・サマエ・ビーチ → パタヤ
  15:00、16:00、17:00

 今回、サマエビーチに行ってきました。
 パタヤビーチに比べると、かなり綺麗ですが、期待していたほどではありません。
 それでも、海で遊ぶには充分かもしれませんね。
 岩場でシュノーケリングもできますが、魚がほんの少ししかいなくて残念です。

 ビーチベッドは50B、ビールはシンハー(小)で75B程度です。
 トイレやシャワーは10B、20Bとパタヤビーチやジョムティエンビーチに比べると全体的に物価が高めです。
 トイレはかなり汚いので、覚悟して使った方がいいですね。(笑)

[サマエ・ビーチの場所]

[サマエ・ビーチへの船のスケジュール]

[サマエ・ビーチの風景]

スポンサーリンク

-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイの禁酒日っていつなの?お酒は本当に飲めないの?

どうも、タローです。 日本では考えられないことでも、海外では普通に起こることがあります。 その一つにタイでは、「禁酒日」というものがあります。 日本で禁酒というと、健康のためとか身体を壊したりといった …

海外旅行でのお金の管理 安全な持ち方や両替、なくした場合について

スポンサーリンク  どうも、タローです。  GWは終わりましたが、楽しく過ごせましたか?  何処かへ出かけたのでしょうか。  どこへ行っても混雑していたり、渋滞にはまることも多いので大変なんですが。。 …

海外旅行でのパスポートの管理方法は?紛失した時の再発行はできるの?

 どうも、タローです。  海外旅行には、パスポートが必須ですが、この管理についてはいつも悩まされてしまうものです。  基本的には、パスポートは自分の身分を証明する唯一のものなので、海外に滞在中は常に携 …

海外旅行でのチップとはどういうもの?相場はいくら?渡し方や払わないのもあり?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  海外旅行に行くと、戸惑うものの一つに「チップ」がありますよね。  チップって日本にはない習慣なので、どうしたらいいのかわからないということも少なくありません …

パタヤの夜遊び!ディスコはどんなの?どこがいい?

どうも、タローです。 バービアやゴーゴーバーに並んで、パタヤでの夜遊びの定番にディスコがあります。 日本では、その昔のバブル全盛期には「マハラジャ」がとても賑わっていて有名でしたね。 それ以来はあまり …