ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

海外旅行で洗濯はどうする?知っておきたいコツとは?

投稿日:2017年5月23日 更新日:

 こんにちは、遼です。

 海外旅行に行った時の悩ましいことの一つに着替えの洗濯がありますよね。

 この洗濯については、主に二通りのパターンに分かれることが多いです。
・旅行中にわざわざ洗濯なんてやってられないので、日数分の着替えを持って行く
・荷物を少なくするために、数日程度の着替えに抑えて必要に応じて洗濯する

 まあ、旅行期間やその国の状況、その人の考え方による部分が多いのですが、あなたはどちら派ですか。

 今回は、海外旅行の洗濯について、するの?しないの?について見ていきましょう。

 また、洗濯する場合のコツなどについても見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

海外旅行では洗濯する?それともしない?

 海外旅行では、何かと荷物が増えてしまうのですが、その要因の一つに着替えがありますね。
 数日程度であれば、あまり気にすることもないのですが、1週間を超えるようになると考えてしまうものです。

 1週間分の着替えを事前に用意するのは結構大変なこともあるからです。
 さらに、荷物が増えて、スーツケースがパンパンになってしまうことも珍しくありません。

 そこで、海外旅行では、着替えを最小限に抑えて、途中で洗濯をしている人が多いのです。
 3~4日分程度の着替えを持っていき、足らなくなったら洗濯をしたり、ランドリーサービスを利用したりします。

 ただ、その洗濯も洗濯機でするというよりは、風呂場や洗面所での手洗いや足洗いとなることも多くなります。
 自宅であれば、洗濯機に入れて放っておけばいいのであまり気にしないでしょう。

 しかし、手洗いや足洗いでは全てが手作業(足作業?)なのでかなり面倒な面も出てきてしまいます。
 さらに汚れ落ちや脱水が不十分になることもあって、きっちりしたこともできないものです。

 そのようなこともあって、多少の荷物になっても着替えは日数分持っておき、旅行中には洗濯しないで普段できないことに専念するというのもいいですね。

 どちらが正解というのはないので、自分にとって利用しやすい方を選べばいいでしょう。

 勿論、洗濯する場合には、その場に最も適した方法を選ぶことが大事でそれによって効率良く洗濯することができるようになってきます。

海外旅行で洗濯する時のコツとは?

 海外旅行は非日常生活を楽しむのが、その大きな目的の一つです。
 そのため、洗濯も必要最小限の方法でするのが少ない時間を有効に使えるものです。

 そこには、以下の要素が関係してきます。
 1.洗剤
 2.脱水
 3.乾燥

一つずつ細かく見ていきましょう。

1.洗剤

 洗濯は水やお湯だけでも、ある程度の汚れは落とせるものです。
 更に洗剤を追加すれば過ぎれ落ちもスッキリするようになります。

 ただ、ヨーロッパなどで困るのが水道水が日本国内と違って硬水になっている場合です。
 持参した洗剤では泡立ちが充分でなく、汚れが落ちているのかの判断が難しいこともあります。

 このため、洗剤は持参せずに現地で用意するのも一つの方法です。
 入浴用の石鹸を代用して洗濯用に使うという方法もありあます。

スポンサーリンク

2.脱水

 手洗いや足洗いで困るのが、脱水の仕方です。
 自宅での全自動洗濯機ならば、自動的に脱水まで行なってくれるので、あまり心配することはありません。

 ところが、手洗いでは脱水も手で行うため、充分に脱水できず、苦労したという人も多くなってきています。

 簡単な脱水方法としては、絞った衣類をバスタオルに包んで水分を吸収させるとかバスタオルを振り回して遠心力で脱水をするとかいった方法があります。

3.乾燥

 スムーズに脱水できても、最後にどこで乾燥させるか、どうやって乾燥させるかで悩んでしまうこともあります。
 室内に簡易乾燥機などがあるわけでもなく、ハンガーにかけた衣類を吊るす場所がないことも決して珍しくありません。
 
 このため、簡易的に干す場所を作るため、ロープや紐を持参するのもいいでしょう。
 日本と違って海外は乾燥していることが多いため、厚手のものでなければ一晩干すだけでも乾いてしまうことが多いです。

 備え付けのハンガーも衣類の乾燥には使いにくいホテルも多くなってきています。 
 このため、安物のハンガーを持参し、帰りには捨ててくるのもいいかもしれません。

海外旅行は100均がポイント?

 この使い捨てという発想は、洗濯をしない場合にも応用できます。

 例えば、下着類は100均の安いものにして都度使い捨てにするというものです。
 或いは、使い古した下着類を持参して、最後はそのまま処分してくるというのもあります。

 こうすることで、帰りのスーツケースが空いてくるので、土産物に使えるスペースが広がってきます。

 勿論、洗濯する場合にも100均の商品は大いに役に立ちます。
 今の100均では、ハンガー類やロープ、洗剤なども、100円とは思えない品質のものが多くなっています。

 他にも旅行に使える小物類がいろいろと入手できるのが、100均のいいところです。
 ちょっと、勿体無い感じがすることもありますが、使い捨て感覚で利用してもいいですね。
 

 尚、洗濯するにしてもホテルのランドリーサービスは驚くほど高いので極力避けるようにしましょう。
 街中のコインランドリーかクリーニング店を使う方が精神的にも楽になります。

 ランドリーサービスやクリーニング店では、仕上がりが二日後になるという場合もあり、余裕を持った利用を心がけましょう。
 日本のように午前中に出せば夕方に仕上がるなどという特急便サービスは期待できません。
 
 着るものがなくなってきたり、受け取りできずに帰国などということにならないように考えてランドリーサービスやクリーニング店を利用するようにしましょう。

まとめ

 旅行中の洗濯は、大きく二通りのパターンに分かれます。
・洗濯はしないで、日数分の着替えをもって行く
・数日程度の着替えに抑えて必要に応じて洗濯する

 旅行期間や現地の状況などによっても変わってきますが、洗濯する場合には以下のようなことに注意しておくといいでしょう。

・洗剤
 ヨーロッパなどでは硬水のため、持参した洗剤が泡立たない。
 現地で買うかホテルの石鹸で済ませるといった方法もあります。

・脱水
 手で絞るので充分ではないのですが、バスタオル等にくるんで水気を取るのもいいです。

・乾燥
 ロープや安物のハンガーを持参するといいでしょう。
 

 洗濯しない場合には、下着類であれば100均などのものや使い古したものを持参して、捨ててくるという方法もあります。

 ランドリーサービスやクリーニング店を利用する場合には、仕上がり日をよく確認して利用するようにしましょう。
 日程が合わずに受け取れないという事態は避けたいですから。

スポンサーリンク

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外旅行の持ち物で必須なものは?あると便利なものや機内持ち込みについて

スポンサーリンク  どうも、タローです。  GWが終わったばかりですが、夏休みや冬休みにはどこに行こうかなと考えてはいませんか。  旅行に行こうとすると、何かと持ち物が増えてしまうものです。  自家用 …

タイやパタヤビーチの治安は悪いのか?

こんにちは、遼です。 タイ、特にバンコクやパタヤへ行く際に、最も気になるのが治安ですよね。 一般的に、海外は日本に比べてどうしても治安が悪いところが多いものです。 このため、海外に行くには、ある程度の …

パタヤの夜遊び!ゴーゴーバーってどんなの?どこがいい?

こんにちは、遼です。 パタヤの夜遊びでは、バービアが最も手軽なものですが、当然ながらそれだけではありません。 バービアよりもより特徴的とも言えるものとして、「ゴーゴーバー」があります。 ゴーゴーバーは …

タイの入国手続きの基本手順について =空港での両替や税関申告など=

こんにちは、遼です。 今回、久し振りにタイツアーに参加してきました。 ツアーと言っても、一人で行ったんですが。(笑) 昔からの友人と現地集合、現地解散でタイの旅を楽しんできました。 これから数回に渡っ …

海外旅行で人気のランキング アジアやリゾートではどこがいい?

 どうも、タローです。  そろそろ、夏休みの計画を立て始める人もいると思います。  特にお盆の時期は、かなり混むので早めにしないといけないですからね。  私なんぞは、既に航空券とホテルは予約完了で、後 …