ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

パタヤの夜遊び!ゴーゴーバーって、どんなところ?どこがいい?

投稿日:2017年9月4日 更新日:

どうも、タローです。

パタヤの夜遊びでは、バービアが最も手軽なものですが、当然ながらそれだけではありません。
バービアよりもより特徴的とも言えるものとして、「ゴーゴーバー」があります。

ゴーゴーバーはバンコクにもありますが、パタヤにもそれに負けないくらいのものがあります。

今回は、このゴーゴーバーについてみていきましょう。

パタヤの夜遊び!ゴーゴーバーって、どんなところ?

「ゴーゴーバー」なんて、何とも古めかしい表現なのですが、実はぴったりな感じを受けてしまうのはタローだけでしょうか。(笑)
ただ単に、「ゴーゴー」と言う場合もあります。

ゴーゴーバーは、バービアとは違って全て室内にあります。
このため、扉を開けてみないことには様子がわかりません。

初めての人には、一体、内部はどうなっているんだろうと、興味あるもののちょっと怖い感じがしてしまうかもしれません。

多くの店では、ちょっと覗いて様子をみるということができます。
なので、怖がらずに覗くだけでも覗いてみましょう。
入ってみれば、意外とこんなもん?と思うかもしれません。(笑)

多くの店では、中央部にステージがあり、女の子達がダンスを繰り広げているのです。
ただ、とてもダンスとは言えないようなただ単に立って身体を揺らしているだけという娘もいます。

尤も、たいていの娘はただ立っているだけなんですが。(笑)

その数、20~30人とバービアに比べると遥かに大人数なので圧倒されてしまうこともあります。
大型店では、それが2ラウンド制になっていて入れ替えがあったりします。

店の前には、呼び込みの女の子が数人いて道行く人によく声をかけています。
その娘達もほとんどがダンサーです。
このため、それを見てある程度の判断ができるかもしれませんね。

[ゴーゴーバーの呼び込み嬢]

ゴーゴーバーのシステムは?

ゴーゴーバーでは、入場料は無料ですが、当然ながらワンドリンクは必須になります。
料金的には、どうしてもバービアよりは高くなります。
ビール1本で100~150B程が相場ですが、店によっては、生ビール69Bという格安プランを用意しているところもあります。
バービア同様にチャージ料などはなく明朗会計なので、安心して楽しめます。

女の子の姿は、多くはビキニスタイルです。
なかにはトップレスがいたり、稀に生まれたままの姿なんていうこともあるので驚きです。

ショータイム的な演出もあり、いろいろと楽しむことができるので一度試してみてもいいでしょう。
冷房完備で、暑さを凌げるのも快適です。

ショータイムでよくあるのが、ピンポンタイムです。
ピンポンショーとは違うので勘違いしないで下さいね。(笑)

客がピンポン玉を買って、それをステージに向かって放り投げるのです。
すると、そのピンポン玉の争奪合戦が目の前に繰り広げられます。
1個あたり20Bが女の子のチップということになります。

1回で500B、1000B(ピンポン玉25個、50個)があっという間に消えていくことになりますね。

お気に入りの娘がいたら、席に呼んでおしゃべりもできます。
女の子に目で合図するか、腕や胸に番号札が付いているので、その番号を店のスタッフに伝えればいいいです。

当然ながら、レディ・ドリンクは必須で1杯150~200B程度になります。

店によっては、このレディ・ドリンクをいかに多く注文させるかを煽っているところもあります。
やたらと、おねだりの多い店は適度に切り上げましょう。

また、ステージでダンスをしないホステスと呼ばれる女の子もいます。
同じように一緒におしゃべりなどで愉しむことができるので、試してもいいですね。

ゴーゴーバーも店外デートできる?

さらに気になるその後の展開ですが、店外デートもできます。

一般的な相場では、店に支払う「ペイバー(バーファイン)」は、700~800B程度です。
女の子には、2~3時間のショートタイムで3000B程度、翌朝までのロングタイムで5000B程度です。

単純計算で、バービアの2倍ほどの料金体系ですね。

営業時間は、たいてい夜の8時~深夜2時頃までです。
バービアに比べて始まりがやや遅めです。
バービアを何件か飲み歩いてから、繰り出すのがいいでしょう。
あまり早い時間に行っても、閑散としていて寂しいです。

パタヤの夜遊び!ゴーゴーバーは、どこがいい?

ゴーゴーバーが多いのは、何と言っても「ウォーキングストリート」です。
通りの両端に、これでもかというくらいにひしめき合っています。

[ウォーキングストリートの入り口]

この中でも、特に日本人に人気のある店に「BACCARA」があります。
バンコクにも同名店がありその姉妹店になります。

生ビール(DraftBeer)1杯69Bという格安戦略をとっている店です。
バービアと変わらないかそれよりも安い値段で飲むことができるので、手軽に利用できます。
冷房完備なので、ちょっと一休みする時にも便利です。

「BACCARA」の系列店には、「HAPPY」、「PEPPERMINT」、「BEACH CLUB」があり、まとめてHAPPYグループと呼んでいます。
どの店でも生ビール(DraftBeer)1杯69Bで飲めます。

このため、まずはHAPPYグループから試してみるのがいいですね。
場所は、Soi HAPPYの奥に「HAPPY」、その隣に「BEACH CLUB」、通りを挟んだ海側に「BACCARA」、そのちょっと南側に「PEPPERMINT」とすぐ近くにあります。

ただ、一つ注意点があって、「BACCARA」だけは、店外デートが前金制になっています。
ペイバーは当然ながら前払いなのですが、女の子のチップもそうなのはいささか不安ですね。
途中で何処かへいなくなってしまったら、万事休すですから。(笑)

ゴーゴーバーは冷房完備なので、涼しいところで1杯飲んで目の保養といった感じで楽しむのが平和でいいですね。

この他に、ゴーゴーバーが多いところでは、「ソイ・LKメトロ」があります。
マイクショッピングモールの裏側のソイダイアナインを入った先です。

バービアの密集しているソイ7、ソイ8にもいくつかのゴーゴーバーが点在しています。

気になる店があったら、恐れずどんどんトライしてみましょう。
ボッタクリはまずないので、おねだり攻撃さえ気をつければ、そこそこの料金で楽しめますよ。

[ウォーキングストリートのポリス]


-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外旅行での生水は?水を持参する?機内持ち込みは大丈夫?

スポンサーリンク  そろそろ夏休みの海外旅行が気になる頃ですね。  そんな海外ですが、気を付けないといけないのが飲水です。  普段、日本で生活しているとほとんど気にならないのですが、海外では生水を飲む …

パタヤの夜遊び!バービアはどこがいい?

 どうも、タローです。  パタヤは歓楽街として有名です。  このため、男性にとっては天国とも言える場所かもしれません。(笑)  夜6時頃から深夜2時頃まで大音量の音楽とネオンサインが消えません。  そ …

海外旅行ではWiFiが無料で使えるの?スマホの設定は?レンタルが便利?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  今では、インターネット環境と言えば、WiFiが当たり前になっていますね。  スマホやタブレット、パソコンなどをインターネット接続しようとする時にはWiFiが …

パタヤの遊び方! パタヤビーチ、ジョムティエンビーチ、ラン島

どうも、タローです。 パタヤでは、昼に遊ぶには暑くて大変です。 特に、ソンクラーン(水掛け祭り)の行われる4月前後はメチャクチャ暑いです。 スポンサーリンク このため、大抵のリピーター旅行者は夜の行動 …

パタヤの歩き方!ソンテウのルートとその乗り方、ソイについて

どうも、タローです。 ようやくパタヤに到着できましたね。 いよいよ楽しいパタヤライフが始まります。 でも、その前にパタヤの基本を理解しておきましょう。 パタヤは広そうに思っても、旅行者が行く所はある程 …