ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

パタヤの歩き方!ソンテウのルートとその乗り方、ソイについて

投稿日:2017年8月26日 更新日:

こんにちは、遼です。

楽しいパタヤライフを送るためには、ソンテウやソイの理解が欠かせません。

パタヤは広そうに思っても、旅行者が行く所はある程度限られてきてしまうものです。

主な所であれば、比較的簡単に覚えられます。

パタヤの全体像を理解して、迷子にならないように遊びたいものです。

そのためには、まずはソンテウのルートやその乗り方、ソイなどについて理解しましょう。

スポンサーリンク
  

パタヤの全体像を理解しよう!

パタヤの全体像を理解するために地図を見てみましょう。

パタヤの中心街は、海に面した「ビーチロード」(青い線)とその1本内側の「セカンドロード」(赤い線)の間になります。

それに南側の「ウォーキングストリート」を加えた範囲内にホテルやレストラン、バー等が密集しています。

この範囲内で行動できればパタヤの7~8割程はカバーできると言っていいでしょう。

ホテルもこの範囲内にすると、どこへ行くのにもとても便利です。
 
 
ビーチロードとセカンドロードに交差する通りは、北側から「ノースロード」「セントラルロード」「サウスロード」と呼ばれています。

これらは、タイ語では、「パタヤ・ヌア」、「パタヤ・クラン」、「パタヤ・ターイ」と呼びます。

これらの通りは、スクンビット通りに繋がっていて、北方向がバンコク方面になります。

尚、タイ語では、ビーチロードは「パタヤ・サイ・ヌーン」、セカンドロードは「パタヤ・サイ・ソーン」です。
ヌーンは1、ソーンは2を表しますね。
 
 
セカンドロードの1本内陸側の通りを「ソイ・ブアカーオ」、更に1本内陸側の通りを「サードロード」と呼びます。

ただ、ソイ・ブアカーオはセントラルロードとサウスロードの間の区間だけです。

サードロードの更に内陸側の通りが、「スクンビット通り」になります。

パタヤのさらに南側には、「ジョムティエンビーチ」があります。

まずは、パタヤの全体像を頭に入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

パタヤの歩き方をマスターしよう! =ソンテウのルートとその乗り方は?=

パタヤで移動するための交通手段としては、何と言っても「ソンテウ」が便利です。

これはタイの地方でよく見られる交通機関で、ピックアップのトラックの荷台を改造して乗客が乗れるようにした車両です。

バンコクでは、ほとんど見かけることはありません。

基本的に1回の乗車が10Bで、乗りたい所で乗れて、降りたい所で降りることができます。

乗る時には、手を挙げて合図すれば大抵止まってくれます。

時々、無視されることがありますが、次々に来るので気にしません。

降りる時には、ブザーを鳴らせばいいです。

運賃は降りる際に支払います。
 
 
パタヤでの基本的なソンテウの巡回ルートは、下記のようなものです。

ビーチロードは「北側から南側への一方通行」です。

セカンドロードは、逆に「南側から北側への一方通行」です。

図のように左回りに巡回しているのが、一般的なソンテウのルートになります。
 
 
起点は、最北端にあるロータリー(ドルフィンロータリー)辺りになります。

セカンドロードとノースロードとの交差点が「ドルフィンロータリー」です。

この手前で乗ってビーチロード方面へ行こうと思っても、起点辺りで降ろされてしまいます。

また、ビーチロードで乗った場合に、ウオーキングストリート入口を左折した辺りで降ろされてしまうこともあります。

山手線みたいに1周以上乗っても大丈夫というわけにはいかないです。(笑)
 
 
全てのソンテウが巡回しているわけではなく、時々、思わぬ所で曲がってしまう場合があります。

特に、北方向・南方向とも直進すると思ったらセントラルロードで曲がってしまった、ということが多いですね。

その場合には、直ぐに降りて軌道修正しましょう。

なかには乗客を降ろすために、わざと曲がってしまうソンテウもいますね。

乗る際に行き先を告げると50Bとか100Bとかふっかけてくる運転手がいるので、方向だけを確認して乗るようにします。

方向は指差しすれば分かってくれることが多いです。
 
 
このソンテウ、最初はちょっと不安になることもありますが、慣れれば実に便利な乗り物です。
ルートと地理をよく理解して、ソンテウを乗りこなしましょう。

パタヤライフを楽しむためには、ソンテウは欠かせないものですから。
ただ、雨が降ると吹き込んできて濡れてしまうこともあるので注意しましょう。
 
 
最近ソンテウでスリ被害が発生しているようなので要注意です。
4人組によるグループ犯行らしいです。

4人は別々に行動しているがグル。
声掛け役、スリ役、スッたものの受け取り役、見張り役と役割分担ができているとか。

ソンテウに乗っていて、親しげに話し掛けられてきたら怪しいかも。
 
 

夜遊び後のソンテウ

ソンテウは概ね深夜0時頃までの営業になります。
遅い時間になると、特定の場所でしか乗れないことがあるので注意が必要です。

特に、ウォーキングストリートで遊んで帰る場合です。
セカンドロードとサウスロードの交差点付近がソンテウの乗り場になります。

北方向へ行くソンテウはここが起点になりますの覚えておきましょう。
この場合、乗客が集まり座席が埋ってからの出発です。

このソンテウがなくなった場合には、バイクタクシーか歩きで帰ることになります。
 
 

パタヤの歩き方をマスターしよう! =ソイって何なの?=

ソンテウをマスターしたら、次は、「ソイ」を理解しましょう。

「ソイ(soi)」とは、小さい通りのことです。

パタヤでは、北からソイ1、ソイ2、・・・ソイ16まであります。

図では、ソイ13までしか載ってませんが、ウォーキングストリートに入るとソイ16まで続いています。

このソイでホテルやレストラン、バーなどの位置が分かります。

いわば住所を表すものと思っていいでしょう。

このブログでもこの先、「ソイ・・・」辺りがお勧めです、という表現を使うことになります。

自分の宿泊するホテルやお目当てのレストラン等のソイを確認してみましょう。

尚、ソイには数字だけでなく、「soi Happy」とか「soi Diamond」などの名称が付いている通りもあります。
 
 
いかかでしたか?

ソンテウとソイを理解できれば、パタヤライフは実に楽しくなります。

実際に行動してみると結構簡単ですので、どんどんトライしてみましょう。

習うより慣れろですよ。

[パタヤ地図]
 
 
パタヤへのアクセス方法はこちら

パタヤで遊ぶならバービア。
オススメのバービアはこちら

スポンサーリンク

-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パタヤへの行き方!スワンナプーム国際空港やバンコク市内からは?

 こんにちは、遼です。  最近、海のあるリゾートとして有名なパタヤへ行く旅行者が多くなっています。  パタヤは、その昔米軍基地があったために栄えた観光地ですが、今でも多くの人達で賑わっています。  特 …

タイ語を覚えよう!挨拶と数字ができると楽しい?

こんにちは、遼です。 海外旅行に行った時の楽しみの一つに現地の人とのコミュニケーションがあります。 多くの国で英語が通じるので、まずは英語を話すことが多いのではないでしょうか。 タイでも観光地であれば …

海外旅行で危険な国や地域はどこ?その情報や対策について

 どうも、タローです。  海外に行ったことのない人は、「海外は危険だ、何でわざわざそんな危険なところに行くのか理解できない」と思っていることが多いものです。  今は、フランスやベルギーなどでもテロが起 …

パタヤの美味しいレストランや屋台!おすすめはどこだ? 

こんにちは、遼です。 タイに行ったら、やっぱりタイ料理が食べたいですよね。 タイに行ってタイ料理を食べないなんて、何しに行っているのかわかりませんので。(笑) 世界3大スープの一つと言われている「トム …

パタヤのゴーゴー!1年振りに覗いてみたら!?

こんにちは、遼です。 やって来ました、パタヤです。 約1年振り。 長年のパタヤ仲間とも合流し、楽しいパタヤライフの始まりです。 パタヤと言えば、バービアなんですが、やっぱりゴーゴーバーも欠かせません。 …