ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

パタヤの遊び方! プール、 ビリヤード、マッサージはどこがいい?

投稿日:2017年9月2日 更新日:

どうも、遼です。

パタヤの昼の行動として、ビーチやショッピング以外にもいろいろと楽しみがあります。

ただ、パタヤの昼はとても暑いので、歩き回るのも辛いものがあります。

そこで、おすすめなのがプールやマッサージです。

ビーチやショッピングに疲れたら、プールでのんびりしたり、マッサージを受けて英気を養うのもいいですね。

今回は、プールやビリヤード、ボーリング、マッサージについてお話しましょう。

スポンサーリンク
  

パタヤの遊び方!=プール=

パタヤでは、中級クラス以上のホテルであれば、ほとんどにプールがあります。

このため、ホテルのプールでのんびりするのもリゾートライフを満喫するにはもってこいです。

しかも、無料で利用できるのが何と言ってもいいところです。

ドリンクやちょっとした食べ物を頼むこともできます。

プールも整備されていて、水も綺麗なので、泳いだり暑さを凌ぐために浸かっていることもできます。

ジャグジー設備があったりすると、贅沢な雰囲気にもなります。
 
 
ただ、近年多くなってきたいわゆる「ブティックホテル」と呼ばれる中級クラスのホテルでは、敷地が狭いため、プールが屋上にあるタイプがほとんどです。

このため、比較的狭く、ビーチベッドの数も少なく、宿泊客が多いと利用しにくいこともあります。

このような場合には、他のホテルのプールを利用するという方法があります。

また、宿泊しているホテルと同系列のホテルであれば、無料で利用できることもあります。

例えば、ノースパタヤにあるサバイ・エンプレスでは、グループホテルのサバイ・ロッジ、サバイ・リゾート、サバイ・ウイングのプールが無料で利用できます。

[サバイ・エンプレスの屋上プール]

おすすめなのは、「マイクホテルの屋上にあるプール」です。
宿泊客以外は、1回100B程度で利用することができます。
屋上なので、眺めがよくパタヤビーチ全体が一望できます。
比較的空いているので、結構な穴場的存在です。

[2018年8月情報]

残念ながら、マイクホテルのプールの営業は終わってしまったようです。
屋上へ行くエレベーター自体が見当たりませんでした。


 
 

パタヤの遊び方!=ビリヤード=

タイ人はかなりビリヤードが好きです。

バービアに行くと、ほとんどの店にビリヤード台が置いてあります。

その店で飲むことで、ビリヤードをすることができます。

たいていは、1ゲーム20Bですが、時々無料なお店もあるのでその場合はラッキーという感じです。

ただ、無料だからといって、延々と何ゲームもするのは遠慮した方がいいですね。

日本では時間単位での料金になりますが、タイでは1ゲーム単位のことがほとんどです。
 
 
タイのビリヤードでは、8ボールが一般的です。

日本では9ボールがほとんどですが、タイではまず見かけません。

さらにそのルールもローカル的なものがあり、ミスをすると相手に2回のショットが与えられたりします。

まあ、郷に入っては郷に従えなので、それで楽しみましょう。
 
 
バービアのビリヤード台は、整備されてなくかなりくたびれていることも多いです。

さらに、設置場所が狭くて、まともに手球を突けないということも珍しくありません。

そのため、通常の2/3~1/2程度の長さのキューを用意しているところもあります。
キュー自体も結構曲がっていたりしますね。

さらに、驚いたのが、ビリヤード台そのものが一回り小さいものが時々があります。
これにはさすがに違和感があります。

また、稀にですがスヌーカーをしているタイ人もいます。
TVではスヌーカーの大会放送が流れていたりします。
 
 
パタヤで本格的にビリヤードをする場合には、「MEGABREAK」がいいでしょう。

冷房完備で、台もきちんと整備されており、ラシャの張り替え等も定期的に行っているようです。

ただ、料金が時間制で、240B/1時間とかなり高めです。

1時間で4ゲームするとしても、1ゲーム60Bになる計算ですね。
まあ、その分、設備や環境がいいということでしょうか。

遼的には、バービアでのんびり飲みながらというのが楽しいのですが。

スポンサーリンク

パタヤの遊び方!=ボーリング=

パタヤでボーリングを楽しむのもいいかもしれません。

日本と同じような全自動システムのボーリング場です。

場所は、セカンドロードとセントラルロードの交差点なので、とても行きやすい所です。

営業時間は、11:00~24:00
料金は、1ゲームあたり平日80B、土日祝90B
貸し靴40B


 
 

パタヤの遊び方!=マッサージ=

ビーチやプール、ビリヤード、ボーリングなどで遊んだ後には、マッサージを受けてリフレッシュするのもいいですね。
タイは、タイ式マッサージが有名ですが、大きく次のようなメニューがあります。

・タイ式マッサージ
・フットマッサージ
・オイルマッサージ

いずれも1時間で200~300B程度と値段も手頃です。
日本円換算で1000円程度でマッサージを受けられるわけです。

ただ、その店というか、施術者によって内容に微妙な違いがあります。

特にタイ式マッサージでは、時に「痛っ!」と声を出してしまうようなことも珍しくありません。
そのような場合には、手加減してくれますのできちんと訴えましょう。

パタヤにも、実にたくさんのマッサージ店があり、散歩していると、必ずと言っていいほど「マッサー、マッサー」と声がかかります。

気になった店でマッサージを受けてみるといいでしょう。
 
 
パタヤで最も有名なマッサージ店は、「Savanna」です。
紫の看板が目印です。

2店舗ありますが、ノースパタヤのセカンドロードのドルフィンロータリー手前の店がいいでしょう。

もう1店舗は、ロイヤル・ガーデン・プラザの前のセカンドロードを渡った辺りになります。

尚、お店によっては、元男性の施術者もいるので注意しましょう。
あらぬ展開になってしまうかもしれません。(笑)

スポンサーリンク

-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

海外旅行で洗濯はどうする?知っておきたいコツとは?

 こんにちは、遼です。  海外旅行に行った時の悩ましいことの一つに着替えの洗濯がありますよね。  この洗濯については、主に二通りのパターンに分かれることが多いです。 ・旅行中にわざわざ洗濯なんてやって …

パタヤへのアクセス =ドンムアンからの行き方=

こんにちは、遼です。 初めてLCCを使ってタイへ行きました。 最近ではLCCも増えてきており日本各地からタイへ行けるようになってきてます。 なかでもエアアジアは安くて評判もまあまあということで、今回初 …

パタヤライフのノウハウ!洗濯はどうする?

どうも、遼です。 パタヤでの滞在が長くなると、どうしても衣類の着替えが足りなくなってきます。 4~5日程度だったら、その分を持参すればいいのですが、それ以上ともなると荷物がかさばるので大変です。 新し …

タイの入国手続きの基本手順について =空港での両替や税関申告など=

こんにちは、遼です。 今回、久し振りにタイツアーに参加してきました。 ツアーと言っても、一人で行ったんですが。(笑) 昔からの友人と現地集合、現地解散でタイの旅を楽しんできました。 これから数回に渡っ …

パタヤのゴーゴー!1年振りに覗いてみたら!?

こんにちは、遼です。 やって来ました、パタヤです。 約1年振り。 長年のパタヤ仲間とも合流し、楽しいパタヤライフの始まりです。 パタヤと言えば、バービアなんですが、やっぱりゴーゴーバーも欠かせません。 …