ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

交通

高速道路の運転が怖いのはどうすればいい?注意点や車線変更、合流のコツは?

投稿日:

 どうも、タローです。

 いよいよ、ゴールデンウィークが始まりました。
 今年は、1,2日を休めば9連休になるので、旅行などの遠出をする人も多いことでしょう。
 海外に出かける人も多くいますが、最近ではテロなども頻繁に起きているので、充分に注意してほしいですね。

 国内では、帰省や旅行に自動車を使うということも多いです。
 高速道路では、何十キロの渋滞というのも珍しくありませんよね。

 GWもそうですが、お盆や年末年始の渋滞にはいつも驚かされます。
 よく何十キロの渋滞の中運転をしているなと、感心してしまうくらいです。

 私なんぞは、たとえ数キロの渋滞でも耐えられないくらいです。
 なので、これらの時期に車で移動するのはまず避けるようにしていますね。

 とは言え、どうしても車でないとダメということもあるものです。
 しかも、遠方になると大抵は高速道路を使うようになります。

 普段から高速道路に慣れていれば、あまり心配することはないのですが、中には滅多に高速道路を使わない人もいるでしょう。

 そんな、高速道路初心者にとっては、高速運転がとても怖いものです。

 今回は、そんな怖い高速運転はどうすればいいのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

高速道路の運転が怖いのはどうすればいいの?

 アナタは、高速道路の運転が怖いですか。
 怖くなければ、特に気にすることはないのですが、怖いと思っているのであれば、是非この記事を参考にしてみて下さい。

 そもそも高速道路って、そんなに怖いものなのでしょうか。
 確かに一般道に比べるとスピードが出ている分、万一事故を起こした時の被害は極めて大きくなります。
 場合によっては、命の危険に及ぶことも充分に考えられますよね。

 ただ、高速道路には信号がなく、ひたすら走り続ければいいので、私にとってはそれ程怖いという感じはありません。
 制限速度程度で走行車線を走っていれば、そんなに危険なことはないと思いますよ。

 むしろ、一般道の方がよっぽど怖いと感じます。
 なぜなら、一般道では、交差点があって信号無視してくる車がいたり、歩行者や自転車などがすぐ近くを通ることもあるからです。
 その分、事故を起こす可能性が大きくなると感じています。

 まあ、このあたりの感覚は多分に慣れの問題もあるので、一概には言えないのでしょうが。

 そのため、高速道路の運転は、まずは慣れることが大事になってくるのです。
 「習うより慣れろ」という言葉がありますが、まさにその通りです。

 と言っても、その慣れるのが大変なんだよ、と思うことでしょう。

 では、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

高速道路の運転で気をつけることは?

一般道に比べて高速道路で気をつけるのは、次のようなことがあります。

 

スピードオーバー

 高速道路の運転で怖いと感じるのは、どうしてもスピードが出てしまうからです。
 一般道では幹線道路でも50~60km/h程度が多いのですが、高速道路では80km/hが
 制限速度になっていることが多いです。

 ただ、ほぼ一直線で速度が出やすい構造になっているので、気がついたらもっと速く走っていた、ということになります。
 速度計をよく確認しながら、流れに乗って走れば、それ程のスピードオーバーにはならないです。

スポンサーリンク

 

車間距離

 これは、教習所でも何度も言われることですが、速度が速い分、止まるまでの距離が長くなります。
 そのため、前の車との距離は一般道の時よりも長く空けるようにしましょう。
 通常は、時速100kmであれば、100mの車間距離が必要とされています。
  
 と言っても、100mを測るのは難しいので、「4秒間隔」と覚えておくといいでしょう。
 これは、前の車がある時点を通ってから、自分の車がその時点を通るまでに4秒かかっていればいいというものです。

 時速100kmは秒速約28mなので、4秒の間に約112m走ることになるからです。
 道路脇の目印を起点に、そこから4秒数えて自分の車が通り抜けるようにしましょう。

 

眠気

 高速道路に慣れてなく緊張していれば眠くなることはまずないでしょう。
 しかしながら、慣れが生じてくると、眠気に襲われることが多いのが高速道路の運転です。
 信号等で止まることもなく、単調な景色が続くと、刺激が少なくなって眠くなってしまうのです。
 適度に休憩を取って、リフレッシュしながら運転するようにしましょう。

 

一般道に降りた直後のスピード感覚

 高速道路での高速走行に慣れると、一般道に降りた時にすごく遅く感じるようになります。
 そのため、ついついスピードを出してしまいがちになるので気をつけましょう。
 速度計できちんと確認することが大事です。

高速道路の運転で車線変更や合流のコツは?

 高速道路の運転で怖いと感じるものに、車線変更や合流があります。
 この車線変更や合流は、一般道とはかなり違う点があるので、気をつけたいところです。

 

車線変更

 高速道路では、一般的に走行車線と追い越し車線の2車線になっていることが多いです。
 なかには、3車線や1車線の場合もありますが。

 通常は、左側が走行車線で普通はこちら側を走るのが基本です。
 右側の追い越し車線は、文字通り前の車を追い越す時にのみ使うのが基本になります。

 まあ、中にはずうっと追い越し車線を走っている車もいますが。
 因みに、私の知り合いで追い越し車線を走っていてパトカーに捕まった人がいます。
 ただ、スピードオーバーなら捕まるのは不思議でもないのですが、その人は決してスピードオーバーをするような人ではありません。
 なぜかと聞いたら、なんと制限速度でずうっと追い越し車線を走っていたからだそうです。。。

 ということで、追い越し車線は、追い越す時にだけ使うようにしましょう。
 追い越す時の車線変更のコツですが、当然、後ろから追い越し車線を走っている車がいないことが大前提です。
 バックミラーで確認しましょう。
 時々、もの凄いスピードで走ってくる車がいるので、それが過ぎてからにしましょう。
 
 ウインカーを出して、2~3秒後にハンドルを切って追い越し車線に出ます。
 これは、前の車にも今から追い越すよ、と伝えるという意味もありますし、場合によっては前の車も追い越し車線に出てくるかもしれないからです。
 
 前の車を追い越したら、直ぐに走行車線に車線変更するというのはいけません。
 ルームミラーに追い越した車が見えるようになったくらいが丁度いいです。
 時々、追い越して直ぐに走行車線に戻ってくる車がいますが、もうちょっと前に行ってからにしてよ~、と言いたいところですね。

 

合流

 この合流が高速道路初心者にとっては、難しいところかもしれません。
 それは、一般道とは基本的なルールが違うからです。

 一般道では、多くの場合で一時停止してから合流します。
 しかしながら、高速道路でこれをやると極めて危険です。

 と言うのは、後方から時速100km程のスピードでやってくるからです。
 相当の距離が空いてなければまず衝突してしまうでしょう。

 このため、高速道路の合流では、加速をしてスピードを出すことが大事になります。
 こうすれば、後ろからくる車は追い越し車線が空いていれば、そっちによけてくれるからです。
 
 これが高速道路の合流でのコツになるものですが、当然ながら追い越し車線にも車が走っている場合には、後ろからくる車もよけようがない場合があります。

 その場合には、タイミングにもよりますが、先に後ろの車を行かせて、その後に合流することもあります。
 あるいは、加速を早めて自分が先に行くということもあります。
 この辺のタイミングは、慣れも必要になってくるので経験しないと掴みにくいところもあります。

 いずれにしても、一般道とは違うということを身に付けるようにましょう。

 高速道路は、慣れてしまえば便利なものです。
 混雑さえ避ければ、ロングドライブには欠かせないものにもなってきます。
 是非、上手に使ってみて下さい。

スポンサーリンク

-交通
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高速道路で車が故障したらどう対処する?車内待機か離れるか?多い原因は何?

 どうも、タローです。  これからの季節は、レジャーや旅行等で車を利用する機会も増えてきますね。  冬の間は、雪などの影響もあって、車での外出を控える人も多いものです。 スポンサーリンク  私なんぞは …

高速道路の逆走はなぜ起きる?違反なの?その点数や反則金は?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  行楽シーズン真っ盛りで、旅行や帰省などで楽しんでいる人も多いことでしょう。  特にGWやお盆、年末年始などの民族大移動に時期には、新幹線や飛行機はほとんど満 …

高速道路のトンネルの照明の色は?ライト点灯は義務なの?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  今では、ちょっとした外出でも車を使うことが多くなってきています。  ただ、東京や大阪などの大都市では、電車網が発達しているため車を持っていない人も多いことで …

高速道路の最高速度はなぜ100キロなの?最低があった?基本的にはどれくらいがいい?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  いい季節になってきました。  家を飛び出して、太陽の元で活動するには絶好の季節ですよね。  休みの日も家の中で、TVやPCにかじりついているのはあまり健康的 …