ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

恋愛

社内恋愛の片想いで気を付けたいのは?

投稿日:2022年3月9日 更新日:

恋愛はいくつになっても楽しいものです。
ただ、同じ職場での恋愛では仕事や人間関係が絡んでくるので、いろいろと厄介なことが起こるものです。
ここでは、社内恋愛の片想いで気をつけたいことをお話しします。

スポンサーリンク
 

社内恋愛での片想いが辛い時には?

社内恋愛での片想いは楽しいことも多いのですが、逆に辛いこともよくあることです。
ずうっと片想いというわけもでもなく、いつかは両想いにと思うとワクワクしてしまいますが、やっぱり相手次第ですから。

スポンサーリンク

いざ勇気を出して告白しても、うまくいかないこともあるでしょう。
そんな場合、同じ職場だとその後にお互い気まずくなったりすることも多いものです。

上司と部下という間柄だとギクシャクしてしまったり、周りの同僚たちに知られてさらに気まずくなったりということもあります。

そんな思いをするくらいならとなかなか告白できないことも多いかもしれません。
確かに関係が壊れるくらいなら、ずっと片想いでいたり、諦めてしまこともあるでしょう。

しかしながら、好きなのにいつまでも想いを伝えずにいるのは最も辛いことかもしれません。
やはり、タイミングを見て想いを伝えてみるのがいいでしょう。
勇気を出してみましょう。

他の異性との関係に嫉妬してしまったら?

片想いの相手が他の同僚と仲良く話していたら、「彼女なんだろうか?彼氏なんだろうか?」といろいろと考えてしまって、気付いたら嫉妬している自分にハッとするかもしれません。

彼女なのか彼氏なのかなんて確認することもできないし、そんな勇気もなかなか出ないものです。
そのような時は、ここは職場なんだから仕事の話に違いないと思うことも必要です。

実際、単に仕事の話をしているだけかもしれませんし、考え過ぎなのかもしれません。
考えすぎて辛くなっては、恋愛そのものも楽しくなくなってしまいます。
嫉妬感情が起こるのは仕方ないことですが、職場ではじっと我慢が大事でしょう。

スポンサーリンク

仕事とプライベートは分けた方がいい?

社内恋愛といっても、公私混同となるのは嫌う人が多いかもしれません。
特に男性の場合は仕事は仕事、プライベートはプライベートと完全に分けて考える人が多いでことしょう。

一方、女性の場合には仕事中であっても好きな人のことを考えてしまう人もいます。
そのため仕事がなかなか手につかなくなったり、ミスをしてしまったりすることもあるものです。

そしてそんなあなたを見て、相手が特に仕事に情熱を持つ人だと相手にされなくなったり、叱られたりするかもしれません。

好きな人と同じ職場で一喜一憂してしまうのは分かりますが、仕事とプライベートは分けて考えた方がその後の展開には効果的でしょう。

最初はなかなか難しいものが、オンとオフをうまく切り替えできれば相手からのお誘いがあるかもしれません。

スポンサーリンク

-恋愛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

好意的な男性

無意識で好意が現れる男性心理とは?

人の何気ない行動には、無意識でもその人の心理が現れてしまうことがあります。   貴方の気になる男性がそんな無意識の行動を取った場合には、一体どのような心理が働いているのでしょうか。   &n …

考える女性

会えない時間の男性心理とは?

会えない時間の男性心理とは、どのようなものなのでしょうか。  女性は彼氏に会えない時間があると、相手がどのように思っているのか、浮気をしていないかなど様々な不安出てくるかもしれません。 スポンサーリン …

飲み会で隣に座る男性心理とは?

貴方の周りには、飲み会になると、よく隣に座る男性はいませんか。 そのような男性の心理とは、どのようなものなのでしょうか。 気になる人がいても、自分のことをどう思っているかということは、簡単には分かりま …

無愛想な男性

男性の無愛想な態度とそっけない態度による好意と嫌いの違いとは?

男性は相手の女性に好意を抱いているにもかかわらず、無愛想に接することもあればそっけない態度で相手にしないこともあります。 なぜ好意を抱いているはずなのに無愛想に接し、そっけない態度で交わしてしまうのか …

仲良しカップル

二人きりで会う男性心理とは?

女性と二人きりで会う場合、男性としてはどのような心理が働くのでしょうか。 恋愛に関しては、女性と男性とではかなり受け止め方が違うものです。 たとえば二人きりで会うという場合、女性の場合はそこそこ好意を …