ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

海外旅行でのチップとはどういうもの?相場はいくら?渡し方や払わないのもあり?

投稿日:

 どうも、タローです。

 海外旅行に行くと、戸惑うものの一つに「チップ」がありますよね。
 チップって日本にはない習慣なので、どうしたらいいのかわからないということも少なくありません。

 ちゃんと料金は払っているんだから、それ以上に払うのはなぜなんだろう、と思うこともあります。
 
 日本では、「心付け」とでも言うのでしょうか。
 特にお世話になった人にお礼を込めて、お金や品物を渡すことがありますよね。

 海外でのチップはこれとは違う面もありますが、きちんと理解して楽しい旅行にしたいものです。

 そこで、今回は、海外旅行に行った時のチップについて見ていきましょう。

 いくらくらいが相場なのか、その渡し方や、そもそも払わなくても大丈夫なのか、ということについて見てみましょう。

スポンサーリンク
  

海外旅行でのチップとはどういうものなの?

 海外でホテルやレストランなどを利用する時には、そのサービスの直接の料金の他にチップが必要になることがあります。

 このチップについて、きちんと理解していますか。
 大体はわかっているつもり、ということが多いのではないでしょうか。

 本来のサービス提供時には、そのものの料金に税金、サービス料などが上乗せされた金額を払うのが基本です。

 このサービス料はチップとは違って、その店や施設等が予め何%かを決めて請求してくるものです。
 日本でもレストランで深夜サービス料が加算されるようなこともありますが、これと同じようなものと思っていいでしょう。
 
 税金はその国の政府が決めたもので、サービ料はそのお店が決めたものという感じですね。

 いずれもその利率は決められています。
 時が経てば変更されることがあるのは、日本の消費税と同じようなものです。

 これに対して、「チップ」は特に何%とかの決まりはありません。

 元々、従業員の賃金体系が低く抑えられているので、それを補うためのものがチップとなっていると考えれば間違いはないでしょう。

 従業員としてみれば、チップがもらえないと収入が少なくなり、生活自体も厳しいものになってしまう可能性があるわけです。
 そのために、お客さんにはより良いサービスを提供して、気持ちよくたくさんのチップを払ってもらおう、という意識になるわけです。

 また、「チップが必要になることがある」とお話ししましたが、これが実にクセモノなんですね。
 裏を返せば、必要ないこともあるわけですから、その辺の切り分けがわからないということにもなってくるわけです。

海外旅行でのチップの相場はいくらなの?

 では、そのチップはいくら払ったらいいのでしょうか。
 その相場って決まっているのでしょうか。

 結論から言うと、特に相場と言うのは決まっていません。

 というより、その国によって違いがあると言った方がいいのかもしれませんね。

 チップは、あくまでも提供してもらったサービスに対する気持ちの表れです。
 一概に何%と言えるものではありません。

 ただ、あまりにも少ないと、もらった方にしてみれば、満足してもらえなかったのかとも思うようになります。
 逆に多い分には、満足してもらえたんだ、これからも頑張ろう、という気持ちになるものです。

 ただ、そうは言っても、だいたいいくらくらいにしておけばスムーズに行くのかというのは知っておきたいところですよね。

 例えば、ホテルでスーツケースを部屋まで運んでくれた場合について見てみましょう。
 アメリカであれば、1ドル。
 ヨーロッパであれば、1ユーロ。
 他の国でも、日本円換算で50~100円。

スポンサーリンク

 という感じで、その国の通貨でキリのいい金額を渡してあげるのがスムーズです。

 これは、ホテルでのベッドメイキングや何かの頼み事をした場合などもほぼ同じです。
 何らかのサービスに対しての気持ちの表れになりますので、きちんと渡してあげましょう。
 そうすれば、ホテルライフも充実して楽しいものになってきます。

 ただ、軽食などのルームサービスやプールサイドでのサービスなどについては、微妙なところはあります。
 部屋へのツケとなることが多く、チェックアウト時に精算する形になるため、その場でのチップまでは必要ないことも多いからです。
 勿論、サービスにとても満足したのであれば、チップを渡すのは全然問題ありません。

 街中のレストランなどの場合には、また変わってきます。
 海外ではそのテーブル毎の精算になっていて、精算時にウエイターやウエイトレスにチップを渡すようになります。
 合計金額よりも若干多めに渡して、そのお釣りの全部か一部をチップとして置いてくるというのがスマートです。

 クレジットカードの場合では、チップ込の金額を書く場合や別に渡す場合などがあるのでケースバイケースになることが多くなります。
 ただ、国によっては、小銭で渡すとサービスが悪いという意味になることもあるので注意が必要です。

 郷に入っては郷に従え、と言いますが、事前に現地の情報を調べておくことが大事です。

海外旅行でのチップの渡し方や払わないのもあり?

 チップを渡すタイミングは、サービスの提供を受けた後や料金の支払いの時になります。
 何もサービスを提供してもらっていないのに、チップを渡してしまうと、そのままいなくなってしまうという可能性があるからです。

 ただ、ベッドメイキングでは、部屋を出るタイミングで枕元などに置いておくものなのでちょっと違いますが。

 チップはサービスの提供に対する気持ちの表れなので、その相手に直接渡すのが基本になります。

 そのため、通常は相手の顔を見て微笑みながら渡すのがスマートですね。
 そうすれば、相手も喜んでくれるはずです。

 まあ、金額が少な過ぎた場合はそうもいかないでしょうが。(笑)

 また、気になることとして、チップを払わなくても大丈夫なのか、ということがあります。
 これに関しては、そのサービスについて全く満足できないのであれば、払わなくても構いません。
 
 ただ、相手も人間です。
 チップをもらうのを前提に仕事をしている以上、全くもらえなかったとなると感情を害してしまいます。
  
 このため、何らかの実害が発生してクレームを付けるようなサービスでない限りは、少なめでもいいのでチップを渡すようにした方が無難です。
 下手に逆恨みされて楽しい海外旅行が台無しになってしまうのは避けたいですよね。
 

 

まとめ

 海外では、従業員の基本給料を低く抑えて、不足分をチップを補うという考えが多いです。
 即ち、チップ前提でサービスを提供していることになります。
  
 チップは、サービスの提供に対する気持ちの表れともなります。
 そのため、サービス提供後や料金精算時にスマートに渡すようにしましょう。
 
 ホテルのポーターに荷物を運んでもらったら、アメリカでは1ドル、ヨーロッパでは1ユーロ、その他の国では日本円換算で50~100円程度を渡しましょう。

 レストラン等では、多めに支払って、その釣り銭をチップとして置いてくるといいでしょう。
 クレジットカードでは、チップ込みの金額にしたり、小銭で渡したりする方法があります。
 
 また、そのサービスに満足できなくて払いたくない場合もあるかもしれません。
 それでも大丈夫なこともありますが、その後の旅行が楽しめなくなることだけは避けるようにしましょう。

 そのため、少なめでもいいのでチップを渡す方が無難です。

スポンサーリンク

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ホアヒンからパタヤへの移動!快適なのは?

こんにちは、遼です。 今回、初めてホアヒンに行きましたが、やはりパタヤは外せません。 友人とも合流するので、ホアヒンからパタヤへ移動です。 この場合に大事なのは、どういう方法で移動するかということです …

タイやパタヤビーチの治安は悪いのか?

こんにちは、遼です。 タイ、特にバンコクやパタヤへ行く際に、最も気になるのが治安ですよね。 一般的に、海外は日本に比べてどうしても治安が悪いところが多いものです。 このため、海外に行くには、ある程度の …

ホアヒンの レストラン! おすすめはどこ?

こんにちは、遼です。 ホアヒンではナイトマーケットがとても賑わっています。 ナイトマーケットにはレストランも数多くあるので、そこで食事をすることも多いでしょう。 ただ、週末ともなると人でごった返すので …

パタヤへの行き方!スワンナプーム国際空港やバンコク市内からは?

 こんにちは、遼です。  最近、海のあるリゾートとして有名なパタヤへ行く旅行者が多くなっています。  パタヤは、その昔米軍基地があったために栄えた観光地ですが、今でも多くの人達で賑わっています。  特 …

海外旅行の持ち物で必須なものは?あると便利なものや機内持ち込みについて

 どうも、タローです。 スポンサーリンク  GWが終わったばかりですが、夏休みや冬休みにはどこに行こうかなと考えてはいませんか。  旅行に行こうとすると、何かと持ち物が増えてしまうものです。  自家用 …