ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

旅行

海外旅行でのWiFiは無料?知っておきたいスマホの設定やレンタル

投稿日:2017年5月19日 更新日:

 今では、インターネット環境と言えば、WiFiが当たり前になっていますね。
 スマホやタブレット、パソコンなどをインターネット接続しようとする時にはWiFiがとても便利です。

 そんな便利なWiFiですが、海外旅行に行った場合にも使いたいですよね。

 特にスマホを持っていって使えたら便利です。
 ただ、気になるのはスマホの通話料や通信料です。

 下手に電話などを使ってしまうと、後の料金請求が怖いですよね。
 このため、通話などは極力使わないで、WiFiだけにしたいものです。

 海外では、無料で使えるWiFiが多いと聞くかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか。

 今回は、海外旅行でWiFiを使うにはどうしたらいいのかなどについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

海外旅行ではWiFiが無料で使える?

 日本国内でも、最近では無料で使えるWiFiが増えてきています。
 それは駅構内や空港、お店、一部の新幹線内などのある程度限定したところが多いです。
 また、ホテルなどでも室内に無料のWiFiが使えるようになってきています。

 国内ではIDやパスワードを設定して、セキュリティにもある程度考慮しているところが多いものです。

 それでも、外国の人に言わせると、日本は無料のWiFiが少ないということが多いようです。

 これに比べて、海外では国によってその違いはありますが、無料のWiFiが普及していることが多いです。
 ただ、パスワードなしのWiFiも多く、セキュリティ上、問題になることもあります。

 このため、旅慣れた人ではそういった無料WiFiは使わずに、モバイルタイプのWiFiルータを使うことも多くなっています。

 この無料と言うのは、実に魅力的なんですが、裏を返せば危険が潜んでいるということにもなります。
 
 ちょっとしたニュースを閲覧する程度であれば、大きな被害は受けないこともありますが、買い物とか個人情報の入力が必要なことは避けるのが賢明です。

 使う場合には、パスワードが設定されていてセキュリティ上も比較的安全なWiFi環境でインターネット接続することが大事になります。

 その場合でも、スマホ等の端末には最新のセキュリティーソフトを入れておくことは忘れないようにしましょう。

 万一、怪しいサイトに繋がってしまった場合には、直ぐにWiFi接続を切断することも大事です。
 
 

海外旅行でスマホのWiFi設定はどうする?

 スマホを海外旅行に持っていった場合でもそのまま使っていませんか。
 今のスマホは、基本的にはそのままでも海外で使用できます。

 使い勝手は国内といる時とほとんど変わらないため、そのまま使い続ける人もいるかもしれません。
 しかしながら、それでは帰国後にとんでもない金額の請求や引き落としにビックリすることになります。

 それは、海外での通話や通信は国内での料金体系が適用されないからです。
 通話は全て国際通話となり、発信時だけでなく受診時にも課金されるようになります。

 海外でのパケット料金は極めて高額になるため、国内と同じ感覚でインターネットを使用すると大変なことになるわけです。
 
 そのような事態にならないためには、出発前に予め設定をしておくことが大事です。
 では、順番に見ていきましょう。

1.データローミングを「オフ」にする

 データローミングとは、分かりやすく言うと、「スマホやタブレットなどで使用している電波(ドコモ、au、ソフトバンク等)が届かない場所へ行くと、各キャリアが提携している現地の携帯電話会社の電波を受信して通話や通信ができるようにする機能」です。

 このため、これが「オン」のままでは、自動的に現地の電波に繋がってしまうことになります。

2.モバイルデータ通信を「オフ」にする

 これが「オン」の場合には、各キャリアの電波を使ってインターネット接続するようになります。
 国内では定額制の料金体系でしかも容量制限のあることが多いので、あまり心配することはありません。
 しかし、海外ではその料金体系が適用されないことが多く、膨大な通信料になる可能性があるのです。

3.機内モードを「オン」にする

 飛行機に乗る前に、機内モードを「オン」にして全ての通信を切断します。
 搭乗時には案内があるので、それに従うようにしましょう。
  

4.WiFiを「オン」にする

 機内モードが「オン」の状態では、WiFiも使えません。
 そのため、現地到着後には、WiFiを「オン」にします。
 
 
 以上の設定で、そのスマホはWiFiだけが使えるようになります。

 後は、現地でWiFi接続する際に、IDやパスワードを入力すれば使用できるようになります。
 IDやパスワードはホテルやお店などのスタッフに聞けば教えてくれます。

 勿論、その施設を利用することが前提です。
 間違っても、タダ乗りしようとは思わないで下さいね。
 「旅の恥はかき捨て」などと考えて勝手なことをするのは、トラブルの元です。

 しかしながら、この状態では、緊急時の電話はできなくなるので、日本等へ連絡したい場合には、設定解除が必要になります。

 ただ、通話もLINEやSkypeなどの無料通話アプリを使えばWiFiだけで可能になります。
 そのためには、事前にお互いの登録をしておく必要があります。
 
 さらに、このような設定自体が面倒であったり、よくわからない場合には、SIMカードを抜いてしまうという方法もあります。
 そうすれば、その端末自体の持つ機能であるWiFiだけが使えることになります。

 ただ、SIMカードを紛失すると面倒なことになるので充分に気をつけましょう。

スポンサーリンク

海外旅行ではWiFiレンタルが便利?

 以上の設定で、スマホ自体のWiFi設定は完了です。
 あとは、現地でのWiFi環境がどうなっているかが、大きく影響してきます。

 そのWiFiに無料のものを使いたい気持ちはわかるのですが、危険な面があるということは忘れないようにしましょう。

 特にパスワードもないようなWiFiには接続しない方が無難ですね。
 「おお、ラッキー」などと安易に接続してしまうと、いきなり怪しいサイトに接続されたり、個人情報などを抜き取られたりする危険があるからです。

 現地の言葉で作られた悪質サイトでは、意味もわからなくなり、「OK」しか押せないような事態になってしまうこともあります。
 この「OK」だけは英語表示でわかるようになっているんですね。

 このようなリスクを避けるには、事前に「海外用モバイルWiFiルーター」をレンタルすることをお勧めします。
 
 国内で使用している「モバイルWiFiルーター」は、通常海外では使用できません。
 一部には使用できる機種もありますが、料金が別体系になっているため高額になってしまいます。

 また、スマホ自体の海外パケット放題プランもありますが、1日約3000円もの金額になっています。

 このため、「海外用モバイルWiFiルーター」をレンタルして持っていくのがいいですね。
 
 事前に予約して、出発時に空港で受け取り、帰国時に空港で返却するのが最も簡単です。
 通信容量にもよりますが、1日500円程度から使えるものが多いです。
 
 次のようなメリット・デメリットがありますので、充分に検討するといいでしょう。
 ただ、何と言っても安全にインターネットを使えるのが最大のメリットですね。
 「タダほど高いものはない」にならないようにしましょう。

 【メリット】
 ・費用が比較的安価
 ・通信容量を気にすることがない
 ・複数の端末で使用できるので、グループ旅行に適している

 【デメリット】
 ・持ち運びが必要
 ・使用しなくても契約日数分の費用がかかる
 ・連続使用時間が4時間程度と短いので、こまめなon-offや充電が必要
 
 

充電器がない場合のスマホの充電方法

 通常、スマホやタブレットを充電するにはコンセントに繋ぐのが一般的です。
 ただ、充電器を忘れてしまったりした場合には、困ってしまいます。

 そんな時に、便利な方法があるので覚えておきましょう。
 それは、ホテルの室内にある「TVのUSB端子」を使う方法です。

 液晶TVであれば、ほとんどの機種でUSB端子が付いています。
 そこにUSBケーブルを繋いで、スマホやタブレットの充電をすることができるのです。

 ただ、TVによっては電源がONの状態でないと充電できないことがあります。
 TVを観ないのであれば、ボリュームを0にしておけばいいでしょう。

 勿論、USBケーブルも忘れてしまった場合には充電できませんが。
 現地でUSBケーブルを入手できれば、帰国してからも利用できるので便利です。

 
 

まとめ

海外旅行でのWiFiは無料?

 海外では、無料のWiFiが普及している国が多くなってきています。
 ただ、パスワードなしのWiFiも多く、セキュリティ上、問題になることもあります。

 このため、パスワードが設定されている無料のWiFiを利用するようにしましょう。
 さらに、スマホ等には最新のセキュリティソフトを入れておくのが安心です。

海外旅行でのスマホのWiFi設定

 スマホ自身でデータ通信や通話をしてしまうと、帰国後に膨大な料金請求に驚くかもしれません。
 それを避けるためには、スマホをWiFi接続飲みにしておくことをお勧めします。
 1.データローミングを「オフ」にする
 2.モバイルデータ通信を「オフ」にする
 3.機内モードを「オン」にする
 4.WiFiを「オン」にする

海外旅行でのWiFiレンタル

 無料のWiFiは、とても便利ですが、リスクも伴います。
 そのため、「海外用モバイルWiFiルーター」をレンタルすることをお勧めします。

 事前に予約して、出発時に空港で受け取り、帰国時に空港で返却するのが最も簡単です。
 1日500円程度から使えるものが多いです。

充電器がない場合のスマホの充電方法

 充電器を忘れてしまった場合には、ホテルのTVのUSB端子を利用すると充電できます。
 USBケーブルも忘れた場合には、現地での入手を試しましょう。

スポンサーリンク

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセスは?

こんにちは、遼です。 前回は、タイ入国までの基本的な流れについてお話ししました。 両替等を済ませて、無事にタイに入国できたら、いよいよ現地での行動がスタートします。 まずは、タイでの拠点ともなるバンコ …

パタヤのゴーゴー!1年振りに覗いてみたら!?

こんにちは、遼です。 やって来ました、パタヤです。 約1年振り。 長年のパタヤ仲間とも合流し、楽しいパタヤライフの始まりです。 パタヤと言えば、バービアなんですが、やっぱりゴーゴーバーも欠かせません。 …

タイ ホアヒンの夜遊び!抑えておきたいポイントはココ

こんにちは、遼です。 毎年の恒例のタイツアーですが、今回はホアヒンに初挑戦です。 ホアヒンは王室の別荘として有名なので、のんびりと寛げそうです。 ただ、夜の繁華街はあまり賑わっていないという話をよく聞 …

タイの友人の結婚式に参加してみたら、凄いことに!?

こんにちは、遼です。 今回の訪タイの大きな目的は、バンコク在住の友人(日本人)の結婚式に参加することです。 8月に行った時に、「10月に結婚式を挙げるのでよろしく!」と言われ、 「ええ~っ、あと2ヶ月 …

パタヤの床屋は安くて快適だった!

こんにちは、遼です。 今回、バンコク在住の友人の結婚式があるためタイに行きました。 折角タイに行くのに結婚式だけではということで、パタヤへも寄って来ました。 いささか髪の毛も伸びていて、結婚式に参加す …