ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

ヘルスケア

熱中症対策のグッズって何があるの?そのランキングは?

投稿日:2017年4月18日 更新日:

 この数年、暑い季節になると「熱中症」という言葉をよく聞くようになりました。
 その昔は、「熱射病」と呼んでいたのですが、最近では変わってきたようです。

 でも、熱中という言葉には、「物事に集中したり、夢中になる」という意味もあるので、ちょっと違和感を感じてしまいます。

 夢中になって遊んでいる子供は、みんな熱中症なの?とか、
 競馬や競輪などの勝負事に入れ込んでいる人は、熱中症なの?みたいなことになりそうですね。。。

 まあ、言葉の意味はその時代とともに変わってくるので、致し方ない面もあります。

 ここでは、暑さでやられてしまう熱中症のことでお話ししていくことにします。

 熱中症は、暑さで水分や塩分などのミネラルが失われてしまうことで発症することはご存知でしょう。

 なので、適度な水分補給や塩分等のミネラル補給をしていれば、まあまあ対処できるようになります。

 しかしながら、そのような対処が難しい場合や他の対策をしたいということもあるでしょう。

 今回は、熱中症対策にはどんなグッズがあるのかを調べてみました。

スポンサーリンク
  

熱中症対策に効果的なグッズ!そのランキングは?

 今では、熱中症対策のグッズは実にたくさんのものが出ていますね。
 調べてみると、出てくるわ出てくるわ、これでもかっていうくらいです。
 でも、全部は紹介しきれないので、あったら便利という物を紹介しましょう。

第1位 クールネック

 なんか、格好いいネーミングですね。
 今、はやりのクールビズに良く似合う名称です。

 クールネックにもいくつかの種類があります。

1.保冷剤タイプ

 このクールネック、見た感じは、ただのタオルのようなのですが、裏側に収納ポケットがついています。
 そこに凍らせた保冷剤を入れるようになっていて、首に巻けばひんやりといい気持ちということです。

 まあ、保冷剤が溶けてしまえば、単なるタオルになってしまうのですが、汗拭き代わりに使ってもいいかもしれません。

 保冷剤の予備をクーラーボックスに入れておけば、ちょっとしたイベント等の外出時には便利ですね。

 ちょっと器用なアナタなら、自宅にあるフェイスタオルを加工して自作してもいいかもしれませんね。
 保冷剤は、ケーキ屋さんなどでもらったものを利用すればいいでしょう。

スポンサーリンク

2.水で冷やすタイプ

 最近、多くなってきたのがこのタイプです。
 このクールネックは、特殊な素材でできていて水を含ませるだけでいいんですね。
 その素材から水分がゆっくりと蒸発することで熱を発散させるようになっています。

 乾いたら、また水を浸せばいいので、実に簡単です。
 繰り返して、何度でも使えるので便利です。

 見た目にもリボンのようになているものもあって、女性でもお洒落に使えるようになっています。
 ものによっては、ちょっとダサいなんてのもあるので考えちゃうかもしれませんが、こういったデザインであればいいかもしれませんね。

 また、首に巻くので子供にはちょっと心配な面もあります。
 このため、何かに引っ掛かってもするりと抜けるような構造になって製品であれば安心です。

 これらのクールネックのポイントは、首周りを冷やすということです。
 これは、頸動脈の辺りを冷やすことで体温を調節するのに効果的だからです。

 逆に風邪をひいた時には、首周りを温めてあげるのがいいとされていますね。

第2位 帽子

 昔から、帽子は日除けなどでよく使われています。
 野球やソフトボールなどをする時は、たいてい帽子を被りますよね。

 熱中症を予防するには、直射日光を避けて体温の上昇を防ぐことが大事になるからです。

 ただ、帽子ではその素材も重要になってきます。
 熱がこもりにくく、通気性のよいのが、昔から使われている麦わら帽子です。

 また、最近ではメッシュ素材の生地を使って通気性を高めたり、吸湿性のよい生地で効果的に汗を吸収・蒸発させて熱を発散させるような加工をした帽子も多くなってきています。

 TPOに合わせて選んでみるのがいいでしょうね。

第3位 スプレー

 熱中症対策に、なんと、スプレーがあるんです。
 なんか、ちょっとイメージが湧かないかもしれませんね。

 ヘアースプレーなら髪の毛に使いますし、殺虫スプレーは嫌なゴキブリに使ったりします。
 でも、このスプレー、どこに使うのでしょうか。

 身体にふりかけるのかな、と思うかもしれませんが、実は衣類にスプレーするんです。
 そうすると汗をかいてもひんやりといい気持ちの冷涼感が味わえるのだとか。

 通勤・通学の満員電車でも快適に過ごせるようです。

 また、製品によっては、部屋の中やカーテンにスプレーしたり、寝る前の寝具にスプレーしたりするものもあります。
 これはメンソールの効果によって冷涼感を感じるようになるんです。

 いろいろと試してみるのも面白いかもしれませんね。

第4位 ベスト

 ベストって、今は着用する人が少なくなっていますね。
 その昔は、スーツと言えば三つ揃いで上着の下にベストを着たものです。
 高齢世代ではチョッキと言った方がピンとくるかもしれません。

 このベストにも熱中症対策のものがあるんです。
 背中や両脇を水や保冷剤を使って冷やすような構造になっています。

 これは、夏場の現場作業などで活躍するものと言っていいかもしれません。
 特に屋外の炎天下では威力を発揮しそうです。
 勿論、バーベキューなどの屋外レジャーに使うもの効果的です。

第5位 冷えピタ

 風邪をひいたりして熱のある時に、冷えピタや熱さまシートを使ったことがあるかもしれませんね。
 ひんやりとして気持ちよく、熱も治まったように感じることがあります。

 それと同じように、熱中症対策にも使うことができるんです。
 暑い時に、首の周りや脇の下、足の付け根などに冷えピタや熱さまシートを貼るといいですね。

 これらの場所には頸動脈などの太い血管があり、そこに流れている血液が冷やされることで冷えた血液が全身を循環するようになります。

 それによって、効率よく身体を冷やすことができるようになります。

スポンサーリンク

-ヘルスケア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

汗を止める方法って?ツボがいい?薬を飲んで大丈夫なの?

スポンサーリンク  だいぶ暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。  暑い季節に悩んでしまうものに「汗」があります。    いやいや自分は汗をかかないから、という人には関係ないかもしれませんが …

夏風邪には薬が効かない?市販薬や病院の処方薬で知っておきたいこと

  スポンサーリンク  暑い夏は、どうしても疲れが溜まり体力が低下してしまうものです。  そうなると起きやすいのが夏バテですが、熱が出たりお腹の調子が悪くなってしまうこともあります。  そんな時には、 …

日焼け止めのSPFってどういう意味なの?PAとの違いって何?

スポンサーリンク 日焼け止のクリームやサンオイルなどには、「SPF」という数値が付けられていますよね。 このSPFって、一体どんな意味だか知っていますか。 単純に数値が高ければいいと思っていませんか。 …

夏風邪と熱中症の違いとは?特徴的な症状とその見分け方について

スポンサーリンク  だるい、暑い。。。  夏の暑い時期には、体調不良になることも珍しくありません。  ただ、身体がだるく、熱が出たりすると、夏風邪なの?熱中症なの?とわからなくなってしまうかもしれませ …

夏バテ予防にはどんな食事がいいの?サプリメントが効果ある?

スポンサーリンク  暑くなると、どうしても身体に疲れが溜まってくるものです。  それって、いわゆる夏バテ状態なのかもしれません。  前回では、夏バテで下痢や吐き気を起こした場合などについてご紹介しまし …