ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

季節の行事

父の日はいつなの?その由来は何?バラやプレゼントを贈るのはどうして?

投稿日:2017年4月10日 更新日:

 子供の日、母の日の次には、父の日がやってきますよね。

 お父さんはいつも最後なんですかね。
 なんだか寂しい感じがしてしまいますが、それがお父さんの宿命なのかもしれません。

 子供の日は5月5日、母の日は5月の第2日曜日、その後に父の日がくるのですが、いつだか知っているでしょうか。

 父の日は、6月の第3日曜日になります。
 なので、今年(2018年)は、6月17日ですね。

 しっかりと覚えておきましょうね。

 でも、この父の日って一体どうやって決まったのでしょう?
 その由来、バラやプレゼントを贈るのはどこから来ているのでしょうか。

 今回は、父の日について考えてみましょう。

スポンサーリンク
  

父の日の由来は何なの?

 あなたは、父の日の由来を知っていますか。
 父の日は、いつも家族のために頑張って働いているお父さんに感謝する日ということぐらいは、なんとなくわかるでしょう。

 でも、どうして父の日ができたのかというその由来については知らないかもしれませんね。

 それは、アメリカで始まりました。

 1900年初頭、妻を亡くして男手一つで子供達6人を育てたウィリアム・ジャクソン・スマート氏という男性がいました。
 彼は子供達が成人した後に亡くなってしまいます。
 その後の1909年、娘(ジョン・ブルース・ドット夫人)が父親に感謝の気持ちを表したいと牧師協会に嘆願したのが、父の日の始まりと言われています。

 彼女は、母の日と同じように父の日もあってしかるべきと考えたようです。
 父の日が6月になったのは、父親のウィリアムが6月生まれだったことにちなんだとされています。

 翌年の1910年6月19日に最初の父の日の式典が行われています。
 その後、全米各地にこの行事が広がっていきました。

 ただ、アメリカの正式な祝日と制定されたのは1972年のことで、実に60年もの月日が経過してからです。

 日本でも1950年代から父の日が広まっていき、1980年代になって一般的な行事として定着するようになりました。

 このように、父の日は日本だけでなく世界的にも定着していくようになります。
 ただ、その日付は、国によってかなりの違いがあります。

 日本やアメリカ、イギリス、フランスなどの多くの国では、6月の第3日曜日になっています。

 その他の国では、1月(セルビア)や2月(ロシア)、3月(スペイン、イタリアなど)、5月(ドイツ)、7月(ウルグアイ)、8月(ブラジルなど)、9月(オーストラリアなど)、10月(ルクセンブルグ)、11月(スエーデンなど)、12月(タイなど)と実に様々です。

 ただ、なぜか4月に父の日を定めている国はなさそうです。
 さらに、ほとんどで第1,2,3日曜日のように決めている国が多いのですが、日付固定の国もあります。
 例えば、1月6日(セルビア)、3月19日(スペイン、イタリアなど)、8月8日(台湾)、12月5日(タイ)などです。

 同じ父の日でも、お国柄というのがあるのでしょうね。

 でも、やっぱり、父の日は母の日よりも遅くできたんですね。
 お父さんはなかなか報われないのかもしれませんが、それでも父の日ができてよかったですね。

スポンサーリンク

父の日にバラを贈るのはどうして?

 母の日に贈る花といえば「カーネーション」ということは、あなたも知っているでしょう。

スポンサーリンク

 では、父の日に贈る花は何でしょうか。
 というか、既に書いているのでわかりますよね。

 そうです、「バラ」です。
 でも、何でバラなんだろう、と思いませんか。
 お父さんとバラって、どういう関係があるのか想像できますか。

 私には想像できません。
 ということで調べてみました。

 ジョン・ブルース・ドット夫人が牧師協会に父親に感謝の意を表したいということが父の日の由来ということは既にお話しした通りです。

 その彼女が父親のお墓に父親の好きだった「白いバラ」を供えたそうです。
 それが由来となって、亡くなった父親には「白いバラ」、元気でいる父親には「赤いバラ」を贈るようになったとされています

 うちの父親は寝たきりであまり元気じゃないんだけど、どうすればいいのですかって。。。
 元気と言うのは言葉のアヤで、健在であればという意味と思って下さいね。

 でも、これはアメリカの習慣で、日本では同じバラでも「黄色いバラ」を贈るのが通常です。

 この黄色なのは、幾つかのいわれがあります。

 一つが、イギリスの縁起担ぎの話です。
 イギリスでは、黄色が幸運のシンボルカラーとされています。

 イギリスには昔から、黄色いものを身につけると安全という言い伝えがあります。
 そのため、戦場に赴く男性の安全を祈願して黄色いリボンを飾ったそうです。
 それがアメリカを始め、世界に広がっていったのです。

 さらに、日本ではイエローリボン賞というのがあります。
 これは、1981年に設立されたファーザーズ・デー委員会という団体が制定した賞です。

 過去には、良き父親として長島茂雄氏や本田宗一郎氏、手塚治虫氏などの著名人が受賞しています。

 このような影響で、父の日には黄色いバラが定着していったとされています。

 今年の父の日には、お父さんに黄色いバラを贈ってみてはいかかでしょうか。
 きっと、喜ぶと思いますよ。

 まあ、でも、自分が父親だったら、黄色いバラよりはプレゼントの方が嬉しいですけどね。
 花よりダンゴですから。。。

父の日にプレゼントを贈るのはどうして?

 父の日の由来や黄色いバラについてはお分かり頂けましたか。
 感謝の意を表すのがその発端で黄色は幸運の色ということでしたね。

 では、父の日にプレゼントするのはどんな由来があるのでしょうか。

 とりあえず、黄色いバラを贈っておけばいいんじゃない。
 感謝の気持ちなんだから、プレゼントって特にいらないんじゃない、と思ってるあなた。

 それでは、ちょっとお父さんが可哀想ですよ。
 毎日、一生懸命に働いているんですから、もう少し労りましょうよ。

 休みには家でゴロゴロしていて邪魔なんですって。。。
 まあまあ、疲れているんだから好きにさせておいてあげましょう。

 そんなお父さんに感謝を表すのは、プレゼントが最も確実な方法になるのではないでしょうか。

 「お父さん、いつも頑張って働いてくれてありがとう。」って言えますか。
 なかなか、気恥ずかしくて言えないですよね。

 母の日には、カーネーションと一緒に何かプレセントしますよね。

 それと同じように、黄色いバラと一緒にちょっとしたものを贈るだけでいいんです。
 ネクタイとかベルトとか、はたまた好きなお酒とか、何でもいいんですよ。 

 子供からの贈り物を喜ばない親はいませんよ。
 もし、喜ばないとしたら、よっぽどのものを選んでしまった、ということになりますね。
 そうなると、あなたのセンスが疑われる恐れがあるので気をつけて下さいね。

まとめ

 父の日の由来は、兄弟6人を男手一つで育て上げた父親への感謝を表したいと、娘が牧師協会に頼んだことが由来になっています。
 ただ、祝日と制定されたのは、その60年後のことです。

 今では、父の日は世界中に広まっていますが、国によってその日が違っていることも多く見られます。
 日本の父の日は、アメリカと同じ6月の第3日曜日です。

 父の日にはバラを贈るのが恒例です。
 それは父の日の由来になった父親の好きな白いバラを墓前に供えたことが由来になっています。

 日本では黄色いバラが定番になっています。
 これには、イギリスの古い言い伝えで幸運の色になっていることやイエローリボン賞が由来になっていると考えられています。

 父の日には感謝の気持ちを表して、黄色いバラと一緒にちょっとしたプレゼントを贈るようにしましょう。
 子供からのプレゼントを喜ばない親はいませんよ。

スポンサーリンク

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中秋の名月 お月見はいつ?その由来や意味とは?

秋の風物詩とも言えるものに、お月見がありますよね。 単に月を見るだけなら他の季節でもできるのですが、この時期は十五夜とか中秋の名月とか呼ばれて、特に月見に適しているとされています。 でも、なぜなのでし …

お盆に海に入ってはいけない本当の理由とは?知っておきたい3つの危険

スポンサーリンク  子供の頃には、お盆に時期には海に入ってはいけないと聞いたことがありませんか。  親戚の家に集まって、お墓参りやお盆の供養などをした際に、そのような話を聞くことがあります。  近くに …

父の日のプレゼント!食べ物は何がいい?お酒は?

 もうすぐ、父の日がやってくるんですが、何をプレゼントしようかと悩んでいませんか。  えっ、父の日なんてあったっけ?  あっ、忘れてた。。。  なんて、言ってるアナタ。  お父さんが可哀想ですよ。   …

うなぎの蒲焼の秘訣 美味しい温め方は?

スポンサーリンク  こんにちは、遼です。  年に一度くらいは、うなぎを食べたいものですよね。  特に、土用の丑の日ともなると、あちこちからいい匂いが立ち込めて我慢できなくなってしまいます。  分かって …

七夕料理といえばそうめん、その由来や意味とは?他に簡単にできるものは?

 どうも、タローです。 スポンサーリンク  ここのところ、七夕に関する話題が続いています。  七夕の起源や短冊に願い事を書くという由来、日本の三大七夕祭りなどについては既にお話ししていますね。  詳し …