ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

梅雨

梅雨に身体がだるい原因や対策は?眠いのはどうすればいいの?

投稿日:2017年4月3日 更新日:

 こんにちは、遼です。

 梅雨の時期になると、体がだる~い感じになることはありませんか。
 食欲は普段と変わらずしっかり食べているのに、何故かだるさが抜けなくて、何もやる気にならないということがあるかもしれませんね。

 梅雨になると長いこと雨が続いたりして、天候が優れないことが多くなります。
 その天気の悪さと身体のだるさには、何らかの関係がありそうです。

 今回は、梅雨の時期に身体がだるい原因や対策などについて見ていきましょう。
 また、梅雨では身体がだるいだけでなく、眠くなることも多いと言われています。
 それらのことも併せて考えてみましょう。

スポンサーリンク

梅雨の時期に身体がだるい原因は?

 春から梅雨、夏の時期には、北半球では低気圧が優勢な状態になってきます。
 低気圧は、大気の圧力が低い状態なので空気が少なく、それによって酸素も少なくなってきます。
 空気中に占める酸素の量は約1/5というのは、小学校の理科で習っていますよね。

 この低気圧の状態になると、私達の血液中の酸素も少なくなってしまいます。
 その酸素不足によって身体がだるいといった症状が引き起こされるようになるのです。

 激しい運動をすると、血液中の酸素が消費されて呼吸による補充も追いつかない状態になると、身体が疲れたり、だるい感じがするようになるのと同じと思ってもらえばいいでしょう。
 このような疲労状態の時に酸素を吸入すると、身体が楽になることでもわかることでしょう。

 また、低気圧になると、自律神経が副交感神経の優位な状態になり、身体はよりリラックスするようになります。
 副交感神経は、血管を広げて血圧を低下させることでリラックス状態を作り出すのですが、急激な血圧低下は逆に血液の流れを弱くし、血行不良を引き起こしてしまうことがあります。

 その結果、身体がだるい状態になったり、何もする気にならないといった症状を引き起こすこともあるのです。

 このように梅雨時に身体がだるい状態になるのは、低気圧が優勢の状態になって血管の広がりや血流不足が引き起こされたり、酸素が不足することが大きな原因になってきます。

梅雨の身体がだるい時に効果的な対策は?

 このように梅雨では、低気圧が優勢の状態になることで血行不良になりやすく、身体がだるいという症状に悩まされるようになります。

 では、その身体がだるいのはどのように対策すればいいのでしょうか。
 それにはその原因への対策を考えればいいことになります。

 血流不足や酸素不足によってだるさが引き起こされるわけですので、血行を促進させて酸素供給を多くしてあげることが大きなポイントになってきます。

 血行促進を簡単に行える方法としては、入浴がありますね。
 日頃から面倒だからといってシャワーで済ませることが多いのであれば、たまにはゆっくりと浴槽に浸かって身体を温めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

 それによって血液の流れが盛んになり、全身に酸素が運ばれるようになります。
 また、汗をかくことで新陳代謝も促進されて、気分も爽快になってきます。

 ジメジメした鬱陶しい気分が続く時には、温泉にでも行って気分転換するのもいいでしょう。
 かけ流しの露天風呂などは特に気持ち良く、温泉の薬効成分による効果も期待できるようになります。
 たまには、休みを取って一日温泉三昧なんていうのもいいかもしれませんね。
 温泉で汗をかいた後のビールは格別ですからね。

 血行促進という意味では、ウオーキングやストレッチなども手軽にできるかもしれません。
 ただ、そもそもだるくで何もする気になれないのでは、積極的に身体を動かすというのは難しいですね。

 そういう意味でも、温泉はただ入っているだけですから、それほどの苦にはならないでしょう。
 しかも、ご褒美にビールが待っていると思えば苦にならないですよね。

 だるくて起き上がるのもしんどい状態などであれば、ゆっくり休んで動けるようになってからでもいいでしょう。
 それも難しいとなると、一度病院で診てもらった方がいいかもしれませんが。

梅雨では身体がだるいだけでなく眠いの?

 梅雨の時期には、身体がだるくなるということがありますが、それだけではなく、眠いという症状に襲われることはありませんか。

 普段から寝不足であれば、どうしても眠くなってしまうことがありますが、充分に寝ていても眠いといったことがあるかもしれません。

 この眠いといった症状もまた、低気圧によるものなのです。
 気圧の低下で酸素が不足してしまうのは、おわかり頂けたことかと思います。

 その結果、だるい症状が現るようになるのですが、眠いというのも同じメカニズムによって引き起こされるようになります。

 身体の血流不足によって脳内の酸素が不足し、それによって眠気が起きるようになるのです。
 眠くなると、自然にあくびが出るようになりますが、このあくびはより多くの空気、すなわち酸素を取り込もうとして起こる反応ということになります。

 また、低気圧によって自律神経のバランスが崩れることでも眠気が引き起こされることがあります。
 自律神経の乱れで、なかなか眠れなかったり、眠りが浅くなったり、或いは途中で目が覚めてしまったりと、充分な睡眠が取れなくなってしまうのです。
 その結果、昼間に眠気に襲われたりすることも珍しくありません。

 このような場合には、一種の睡眠障害になっていることもあります。
 それらを解消する方法としては、朝目が覚めた時に太陽光を浴びるといいですね。

 それによって体内時計がリセットされて、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が止まります。
 このメラトニンは、目覚めてから14~16時間後に再び分泌されるようになり、自然な眠りのサイクルができあがってきます。

 それでも、寝付きが良くない場合には、就寝前にホットミルクを飲むと効果的です。

 ミルクにはトリプトファンというアミノ酸が含まれていて、神経伝達物質であるセロトニンの材料になります。
 セロトニンにはメラトニンの分泌を促進する働きがあり、それによって自然な眠りにつけるようになるのです。

 でも、ホットミルクの飲み過ぎには気をつけましょう。
 寝ている途中でトイレに行きたくなってしまいますから。

スポンサーリンク

-梅雨
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

梅雨の洗濯物が乾かない時や臭い対策でのオススメの方法は?

 6月になると、気になるのがいつ梅雨に入るかということではないでしょうか。  毎年のことですが、約1ヶ月の梅雨のシーズンに入ることになります。 スポンサーリンク  毎日、雨が続くと気分的にも鬱陶しくな …

梅雨の洗濯物はなぜ臭いのか?嫌な臭いを取る簡単な方法とは?

 いよいよ梅雨のシーズンがやってきました。  この季節に悩ましいのに洗濯物の臭いがありますね。  しっかりと洗っているのに、なぜか臭う。  タオルで顔を拭こうとした時に、ムッとする嫌~な臭い、経験あり …

雨傘と日傘の違いは何なの?代用したり兼用したりすることはできるの?

 こんにちは、遼です。  梅雨の時期になくてはならないものに傘があります。 スポンサーリンク  その傘も折りたたみのタイプや片手で簡単に開けるタイプなど実に様々なものがあります。  カラフルな色使いの …

梅雨のお弁当で食中毒にならないためには?前日作るのは?おかずは何がいいの?

 どうも、タローです。 スポンサーリンク  毎日、ご主人やお子さんのお弁当を作るのってとても大変ですよね。  これから梅雨に入り、食中毒などが気になってくると、尚更気を遣ってしまうようになります。   …

梅雨に頭痛になりやすい原因やその対策は?肩こりも起こりやすい?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  梅雨で雨が続いたり、曇りがちになると、何故か頭痛になりやすいことはありませんか。  毎年、この時期になると頭が痛くて悩まされる人も多いと言われます。  梅雨 …