ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

ヘルスケア

日焼けのかゆみで我慢できない時の対処は?薬は効くの?日焼け止めでかゆみが出るの?

投稿日:2017年3月31日 更新日:

 こんにちは、遼です。

 これからの天気のいい季節には、屋外で遊んだりスポーツしたりすることが多くなってきます。
 でも、日差しの強くなる時には、日焼けに注意しないといけないですよね。

 遊びやスポーツに夢中になると、ついつい忘れてしまって気がついた時には日焼けしていた、という経験はありませんか。

 肌がヒリヒリして赤くなったり、痛みやかゆみに襲われることも多いものです。
 特に、この日焼けによるかゆみは我慢できないほどに辛くなってしまうことも珍しくありません。

 このような日焼けによるかゆみにはどう対処したらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

日焼けのかゆみで我慢できない時の対処はどうする?

 日焼けは、ヤケドの一種ということはご存知かと思います。

 日焼けをすると、紫外線によって皮膚の組織が壊れてしまうようになります。
 すると、皮膚から水分が失われて乾燥してしまいます。

 このように乾燥したことがかゆみを引き起こす原因の一つになってくるのです。
 冬場に肌が乾燥してかゆみを感じるのと同じような感じと思ってもらえればいいでしょう。

 また、私達の身体には壊れた皮膚の組織を修復しようとする自然治癒力が働いてきます。
 この時の修復過程でかゆみを感じてしまうようになるのです。
 ですから、ある程度のかゆみは日焼けが治っているということの証拠にもなるので我慢したいところではあります。

 とは言え、なかなか我慢するのも難しいですよね。
 でも、だからと言って掻いてしまうのはやめた方がいいでしょう。

 キズになって跡が残ってしまうことにもなりかねません。
 ほんのひと夏の思い出で済めばいいですが、一生残ってしまうのは避けたいところですよね。

 では、日焼けによるかゆみにはどう対処したらいいのでしょうか。

 日焼けはヤケドと一緒ということでしたよね。
 ですので、基本は冷やすことになります。

 流水を患部に当てながら冷やしたり、氷や保冷剤をタオルやハンカチで包んで冷やすといいでしょう。
 ただ、あまり冷やし過ぎて身体が冷えてしまわないように気をつけましょう。

 もう一つ大事なのは、保湿です。
 日焼けをすると乾燥して水分が失われるので、化粧水などで充分な水分を与えるようにしましょう。
 アルコールなどの入っていない低刺激な化粧水やローションがお勧めです。

 また、肌への直接的な水分補給の他にも身体への水分補給も忘れないようにしましょう。
 単なる水ではなく、スポーツドリンクや果物などで塩分やミネラル、ビタミンなども併せて摂ることも大事になってきます。

スポンサーリンク

日焼けのかゆみに薬は効くの?

 日焼けはヤケドの一種ということで、冷やすことと保湿や水分補給が大事だということはわかって頂けたかと思います。
 とは言え、しっかりと冷やして保湿や水分補給をしているにもかかわらず、なかなかかゆみが治まらないということもあるかもしれません。

 そんな場合には、かゆみに効く薬を利用することも一つの方法になります。

 そのような薬には幾つかありますが、ここではよく使われている薬をご紹介しましょう。

 一つ目に、オロナインH軟膏あります。
 オロナインは、ニキビなどに効果的な薬として多くの人に知られているものです。
 このオロナインの効果効能に「軽いヤケド」というのがあります。

 日焼けはヤケドを同じ症状になりますので、オロナインは日焼けにも効果的ということになります。
 家庭の常備薬になることも多いので、是非利用してみて下さい。

 二つ目には、ムヒがあります。
 ムヒは虫刺されに使うことで知られていますが、日焼けのかゆみに効果的というのはあまり知られていないかもしれませんね。
 スーッとした感じでかゆみも和らいでくるようになります。

 ただ、肌が赤く炎症を起こしている時にムヒを塗ると激しく痛むことがあります。
 炎症が治まって、皮が剥けたりしてかゆみがあると時に使うようにしましょう。

日焼け止めでかゆみが出るの?

 このように日焼けで痛みやかゆみが出ないようにするには、日に当たらないことが最も大切なことです。
 このため、日差しの強い季節では、屋外でのスポーツや遊びは極力避けることも必要になるかもしれません。

 と言っても、いつも家の中にいるというのも健康的ではないですし、たまには屋外で身体を動かすのも気持ちいいものです。
 そんな場合には、できるだけ日に当たらない工夫が必要なのですが、完全にゼロにするのは極めて難しいものです。

 そこで、利用したいのが日焼け止めです。
 今では、化粧品や日焼け止めローションなども沢山の種類がありますので、自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう。

 日焼け防止効果の高いSPF数値の大きいものやPAの+の多いものを使うのもいいでしょう。
 ただ、防止効果の高いものは肌への刺激が強い傾向にあるので、日差しの強さや日に当たる時間などに応じて使うのも大事になります。
 数値が低くても、こまめに塗り直す方が効果的とも言われています。

 そんな日焼け止めですが、稀にそれによって肌にかゆみが現れることもあるので注意が必要です。

 日焼け止めは、どのようなタイプであっても有効成分が合成化学物質であることには変わりありません。
 それによって皮膚にアレルギーや炎症を引き起こしてしまい、かゆみが現れてしまうこともあるのです。

 特に肌の弱い人では、事前にパッチテストなどでかゆみや炎症が現れないかどうかを確かめるようにしましょう。
 購入前にサンプルで試せるようにしているお店などを利用すると選びやすいですよね。
 ドラッグストアや薬局で購入する場合には、薬剤師に相談するのもいいことです。

スポンサーリンク

-ヘルスケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

熱中症対策のグッズって何があるの?そのランキングは?

 この数年、暑い季節になると「熱中症」という言葉をよく聞くようになりました。  その昔は、「熱射病」と呼んでいたのですが、最近では変わってきたようです。  でも、熱中という言葉には、「物事に集中したり …

熱中症対策の飲み物には水がいい?飴が効果的って本当なの?

 5月にもなると気候も良くて、行楽や屋外での行事、スポーツなどが盛んになってきますね。  それまではちょっと寒くて外出したり身体を動かすのさえ、億劫だった人も外へ出る機会が増えてくるものです。  でも …

夏バテ予防にはどんな食事がいいの?サプリメントが効果ある?

スポンサーリンク  暑くなると、どうしても身体に疲れが溜まってくるものです。  それって、いわゆる夏バテ状態なのかもしれません。  前回では、夏バテで下痢や吐き気を起こした場合などについてご紹介しまし …

仰向けで寝ると息苦しいのはなぜ?正しい睡眠姿勢とは?

 夏はとても開放的な季節でいいのですが、夜暑くて寝苦しいのが嫌ですよね。  夜にゆっくりと眠れないと、疲れが取れずに翌日も辛い事になってしまったりします。  寝不足が続くと、体調不良だけでなく、思わぬ …

夏風邪と熱中症の違いとは?特徴的な症状とその見分け方について

スポンサーリンク  だるい、暑い。。。  夏の暑い時期には、体調不良になることも珍しくありません。  ただ、身体がだるく、熱が出たりすると、夏風邪なの?熱中症なの?とわからなくなってしまうかもしれませ …