ほのぼの生活ドットコム

毎日の生活にホットすること、ハットすることなどを綴っていきます。

梅雨

梅雨のカビはどう対策するのがいい?効果的な換気はどうすればいい?

投稿日:2017年3月15日 更新日:

 どうも、タローです。

 もうすぐ梅雨に入りますね。
 ジメジメした季節で、何かと鬱陶しいものです。

 特に湿気が高くなり、カビが生えやすくなるのもこの季節です。
 気がついたら、部屋の中がカビだらけなんてこともよくあることです。

 今回は、そんな梅雨時のカビにはどのように対策したらいいのかをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
  

梅雨のカビはどう対策するのがいい?

 家のカビ対策には、大きく3つの観点で考えるといいでしょう。
 
 通気、湿度、除菌という3点です。
 それぞれについて、見ていきましょう。

通気

 家の中に充分な空気が通るように工夫します。
 ただ単に窓を開ければいいというものではありません。
 窓を開けても部屋の隅にまで空気が流れるとは限りません。

 特に、家具と壁との隙間が狭いようだと、空気も通らずに埃が溜まり、カビが生えやすくなってきます。
 部屋の広さにも関係しますが、充分に空気が流れるような間隔をとるようにしましょう。

 また、押入れも空気の流れが悪い場所になりやすいです。
 下にスノコなどを敷いて、空気が流れるようにしましょう。
 スノコは手前から奥方向に空気が流れるような向きに置くようにします。

湿度

 家の中の湿度が高ければ、それだけカビが生えやすくなるのはよく知っていますよね。
 そのため、できるだけ湿度が高くならないようにしないといけません。

 家の中に、観葉植物や生花などを置くのはできるだけ避けるようにしましょう。
 また、金魚やメダカなどの観賞魚の飼育もどうして湿度が高くなってしまいます。
 趣味で飼っていたり、部屋のアクセントにはなるものですが、カビが気になるようであれば避けた方が無難です。

 他には、台所や浴室などの湿気が流れ込まないようにすることも大事になります。
 勿論、台所や浴室などの水回りも換気をしっかりして湿気がこもらないようにすることが必要になります。

スポンサーリンク

除菌

 部屋の中を除菌することで、カビの発生を抑えることができるようになります。
 除菌には、消毒用アルコールがいいでしょう。
 街中のドラッグストアや薬局等で購入できるもので充分です。

 ただ、フローリング等に使用すると、白くなることがあるので試しながら使うようにしてくださいね。
 カーペット等は、できれば時々天日干しするといいでしょう。
 天日干しすることで、カビだけでなくダニ対策にも効果的です。

 また、次亜塩素酸ナトリウムを薄めにして、水拭きするのも効果的です。
 水拭き後には、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

 この3つについて、普段から気をつけるだけでもカビ対策に繋がっていきますよ。
 

梅雨のカビ防止に効果的な換気はどうすればいい

 カビ対策の3点についてお話してきましたが、効果的にカビを防止するには、家の換気は欠かせません。
 換気をしないと、湿気は勿論、埃なども溜まるようになり、カビの発生を招いてしまうようになります。

 では、部屋の中を効果的に換気するにはどうしたらいいのでしょうか。

 効果的な部屋の換気には、2時間に1回程度の換気が必要と言われています。
 ただ、冬場などでファンヒーターやストーブなどを使用している場合には、これ以上の頻度が必要になってきます。
 まあ、梅雨時にストーブを使うことはまずないので、そこまで気にすることはないでしょうね。
 

 また、窓を開けるのは一箇所ではなく、部屋の対角の2箇所以上を開けるようにします。
 家の中に空気の流れを作って、効果的に換気をするようにします。

 この時、窓を全開にするのではなく、10~20cm程度に開ける方が空気の流れは早くなります。

 10分程度で概ね部屋全体の空気が入れ替わると言われています。
 勿論、空気の流れ具合で変わってきますので、臭いなどが気になるようであれば、長めに窓を開けるようにしましょう。

 さらに、窓を開けるのが難しかったりする場合には、換気扇を利用するのもいいでしょう。
 台所や浴室の換気扇を上手に利用することで、部屋の換気に繋がります。

まとめ

梅雨の家のカビ対策は、大きく3つの観点で考えるようにしましょう

通気

 家の中に空気が通るように工夫します。
 家具と壁との隙間が狭いようだと、空気も通らずに埃が溜まり、カビが生えやすくなります。

湿度

 家の中の湿度が高ければ、それだけカビが生えやすくなります。
 家の中に、観葉植物や生花などを置いたり、観賞魚の飼育はできるだけ避けるようにしましょう。

除菌

 部屋の中を除菌することで、カビの発生も抑えることができるようになります。
 消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどを利用するといいでしょう。

カビ防止には効果的な換気が大切です

 換気をするには、窓を開けるのが一般的ですが、ちょっとした工夫も必要です。
 窓を開けるのは一箇所ではなく、部屋の対角の2箇所以上を開けるようにします。

 そして窓は全開ではなく、10~20cm程度に開ける方が空気の流れが早くなります。

 窓を開けるのが難しい場合には、換気扇も積極的に利用していきましょう。

スポンサーリンク

-梅雨
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

梅雨のお弁当で食中毒にならないためには?前日作るのは?おかずは何がいいの?

スポンサーリンク  どうも、タローです。  毎日、ご主人やお子さんのお弁当を作るのってとても大変ですよね。  これから梅雨に入り、食中毒などが気になってくると、尚更気を遣ってしまうようになります。   …

梅雨の湿気はどう対策するの?扇風機はどうなの?エアコンが効果いい?

スポンサーリンク  どうも、遼です。    気分爽快な五月晴れの多い5月が過ぎて6月ともなると、だんだんと天候も怪しくなってくるものです。  そうです、あのジメジメした季節がやってくるのです。  梅雨 …

梅雨の洗濯物が乾かない時や臭い対策でのオススメの方法は?

スポンサーリンク  6月になると、気になるのがいつ梅雨に入るかということではないでしょうか。  毎年のことですが、約1ヶ月の梅雨のシーズンに入ることになります。  毎日、雨が続くと気分的にも鬱陶しくな …

梅雨の洗濯物はなぜ臭いのか?嫌な臭いを取る簡単な方法とは?

 いよいよ梅雨のシーズンがやってきました。  この季節に悩ましいのに洗濯物の臭いがありますね。  しっかりと洗っているのに、なぜか臭う。  タオルで顔を拭こうとした時に、ムッとする嫌~な臭い、経験あり …

梅雨に身体がだるい原因や対策は?眠いのはどうすればいいの?

スポンサーリンク  こんにちは、遼です。  梅雨の時期になると、体がだる~い感じになることはありませんか。  食欲は普段と変わらずしっかり食べているのに、何故かだるさが抜けなくて、何もやる気にならない …